2021最新 斎藤ちはる ブログ

2021最新 斎藤ちはる ブログ

現在の体調を羽鳥アナは「今、熱下がっているということなんですけど、39度ぐらいまでいったということなんで、かなりつらいようです」と報告し「斎藤さんも、しっかり感染対策をしていましたが、それでも感染ということになりましたので、もはや誰がどこで感染してもおかしくない状況であります」とコメントした。

斎藤アナは20日の放送を体調不良で欠席したが、この日、司会の羽鳥慎一アナウンサーが「昨日、発熱しまして、PCR検査をした結果、新型コロナ陽性となりました。しばらくお休みさせていただきます」と発表した。

斎藤ちはるも、他の多くのアイドルたちと変わらず、アイドルとしての暮らしのなかでアイデンティティを確立させた少女の一人である。デビュー時の彼女はまだ中学三年生。ただ、他の多くのグループアイドルと斎藤ちはるの相違とは、彼女が乃木坂46という、アイドルシーンのメーンストリートを歩く、王道を誇るグループに所属している点にある。しかも彼女は乃木坂46の第一期生だ。他のグループに所属するアイドルとは桁違いの闘争、椅子の奪い合いを経験しているわけだ。生田絵梨花をはじめ、白石麻衣、橋本奈々未、松村沙友理、西野七瀬、齋藤飛鳥と”兵ども”を挙げたらキリがない。だがそれは裏を返せば、グループの強さ、成功を証しだてるものであり、つまり乃木坂46にあってアイドルを演じることは、本物の挫折を経験できない、という情況を作り出す。斎藤ちはるは、順位闘争に敗北するも、しかしアイドルの存在理由そのものを剥奪されてしまうといった、アイドルであることさえも認めてもらえないという、アイドルを演じる多くの少女が経験する屈辱を、一度も経験していない。ようするに、ライバルによって作られた恵まれた境遇を前にして、成長を描くための材料とでも云うべき本物の挫折をそれが必要となる場面で入手することができない人物、と呼べるだろうか。
彼女は、表題曲の歌唱メンバーにほとんど選出されることのない、人気と実力の両立を成さないアイドルでありながら、乃木坂46の一員として、奇跡との遭遇を実感できるレベル、グループアイドルとしての体面を保てるレベルでけして少なくはない数のファンに受容され、光りの眩しいライブステージの上に立ち、存在理由を満たしてしまった。かっこいい、かっこわるい、という評価、とりあえずの結論に一度もたどり着けないまま、緊張感の降らない空間で物語を書き続けてしまった。文芸とは隔絶によって作られるものだが、「斎藤ちはる」はグループの描く力強いストーリー展開から一度も置き去りにされていない。前を見ても道がないし、振り返ると後ろにも道がない……、という情況を彼女は一度も経験していない。乱暴に云ってしまえば、斎藤ちはるの物語とは、アイドルを演ることが、生きることを勝っていなかった。斎藤ちはるのアイドルとしての人気、知名度がそのままアイドルの横顔を物語り証しているのはなんとも皮肉的だが、彼女がどれだけ長い文書を書き連ねても、どれだけ大衆に向けて自身の内奥を吐露しようとも、その叫び声が伝えたいと想う心に届かなかったのは、やはり、自身の心に宿した情動を、ファンの心の深い場所に感染させるための切迫感のようなものを彼女が把持しなかったからだろう。
しかし、この自身の情動を他者に感染させるちからの欠如とは、アイドルにとって「必須」であっても、アナウンサーにとっては不必要な資質だろう。感情を抑制することに尽力するアナウンサーにとって、斎藤ちはるが持つ、感情を伝えたくても伝えられない特性というのは一転、大きな武器になるはずだ。なによりも、アイドルとしての失敗が、次の、ほんとうの夢につながった、という点こそ斎藤ちはるの物語がもつ価値と云えるだろう。

LADYMADEラウンドボリュームスリーブトップスレディメイドシャツ/ブラウス半袖シャツホワイトブラックベージュ【送料無料】楽天市場9,900円7月5日放送のテレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』で斎藤ちはるアナウンサーが着ていた衣装のブラウスは『LADYMADE/レディメイド』のラウンドボリュームスリーブトップスでした。(オフホワイト)シンプルなラウンドネックブラウスに風の抜け通いボリュームスリーブを組み合わせたフェミニンな1枚です。

テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが21日、アシスタントを務める同局の「羽鳥慎一モーニングショー」(月曜~金曜・午前8時)を新型コロナウイルス陽性判定を受けたため欠席した。

TBS小林廣輝アナ「6股疑惑」で復帰は絶望的かテレ朝・斎藤ちはるアナも巻き込み(msn.com)まあ何股でもいいじゃないか独身だもの顔見たら、わかりそうなものだ゜。。

斎藤アナは前日は通常通り出演。インスタグラムも更新し「うだるような暑さが続いていますよね…」と切り出し「そんな今日はお家の中で撮った涼しげな写真を」と、自宅の観葉植物の写真をアップしていた。

文章を用いて自身の心の内をストレートに、”そのままに”表現することは、実は物凄くむずかしい。試しに、頭に浮かんだ言葉をそのままノートに書き込んでみて欲しい。おそらくほとんどの人間がペンを走らす段階で、あるいは、キーボードを打ち込む段階で無意識に文章を校正してしまい、本来イメージしたものとはニュアンスの異なる文章を作ってしまうはずだ。日常の立ち居振る舞いにも同様のプロセスがあり、アイドルにとってはこの問題が、「素顔」の再現と仮装の実現にすり替わる。いざファンの前で素顔を提示しようと考えても、なかなかうまくいかないものなのだ。たとえば、斎藤ちはると同年齢でデビューをした生田絵梨花は、この云わば”あるがままに”という姿勢を可能にしてしまう資質をそなえており、ファンの眼前であっさりと自身の素顔を提示し、ファンをとりこにしている。売れるのも当然というわけだ。一方、斎藤ちはる、残念ながら彼女にはそのような資質はそなわっていなかったようで、いや、むしろ一般的なグループアイドルと比較しても彼女のそれは平均より下、ひどく劣っていた。
あるいは、それを際立たせてしまうのは、彼女にあたえられた境遇に因るのかもしれない。

YouTubeで斉藤&下村アナが「インフルエンサー」を踊っていました。さすが元・乃木坂46の斉藤ちはるアナかたやバレー歴20年の下村彩里アナ美しさと華麗さがすばらしい!ちなみに斉藤アナは、乃木坂46に居たのは、知っていましたが名前は、アナウンサーになってから知りました。

その上で「私、斎藤さんとはスタジオで距離を取っていまして、もう1年以上、ずっと毎朝打ち合わせも別々でやっております」と明かしていた。斎藤アナの代役は同局の山本雪乃アナが務める。

斎藤ちはる、平成9年生、乃木坂46の第一期生。
ルックス、ライブ表現力、ともに文句なし、実力者である。アンダーライブという”特殊”な空間で鍛えられた表現力は斎藤ちはるを安定感抜群のアイドルへと導く。ルックスに関してならば、平均を凌ぐ端麗さを誇る。松村沙友理と同様に、年齡を重ねながら美しさを増していく、グループアイドルとして恵まれた資質の持ち主である。だが、彼女の美には人を惹きつけ魅了する”なにか”が決定的に欠如している。その”なにか”を平易に表現するならば、「人間味」と云えるだろうか。もちろん、斎藤ちはるに人間味がないとは感じない。斎藤ちはるというアイドルは、アイドルとして”生きること”、その日々の感情を文章を用いてファンの前で大胆に吐露し、心を裸にしてみせている。アイドルとファンの成長共有というコンテンツを必死に成立させようと奔走した登場人物と呼べる。だが、肝心のその「想い」をファンに伝播させる発想力、自身の物語の深い部分に読者を手繰り寄せる握力が、彼女には決定的に不足していたようだ。

テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが20日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」を体調不良で欠席した。

番組冒頭、MCの羽鳥アナが「斎藤さん、ちょっと体調不良のためお休みさせて頂きます」と説明した。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*