2021最新 斎藤ちはる 羽鳥

2021最新 斎藤ちはる 羽鳥

テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサー(24)が新型コロナウイルスに感染したことが21日、同局の『羽鳥慎一 モーニングショー』(月~金 前8:00)で発表された。斎藤アナは同番組でアシスタントを務めており、きのうの放送を体調不良で欠席していた。

現在の体調を羽鳥アナは「今、熱下がっているということなんですけど、39度ぐらいまでいったということなんで、かなりつらいようです」と報告し「斎藤さんも、しっかり感染対策をしていましたが、それでも感染ということになりましたので、もはや誰がどこで感染してもおかしくない状況であります」とコメントした。

また羽鳥は、コロナ禍で斎藤アナとは以前から番組の打ち合わせを別々に行い距離をとっていたことも説明した。

テレビ朝日・斎藤ちはるアナウンサー 撮影/逢坂聡 (C)oricon ME inc.

テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが21日、アシスタントを務める同局の「羽鳥慎一モーニングショー」(月曜~金曜・午前8時)を新型コロナウイルス陽性判定を受けたため欠席した。

斎藤アナは先週まで通常通り番組に出演していたが、20日の同番組を体調不良のため欠席。具体的な体調などには触れられていなかった。

斎藤アナの代役は、山本雪乃アナが務める。

その上で、斎藤アナが日頃から感染対策をきちんと取っていたことにも言及。コロナ禍で、以前から、斎藤アナとは番組前の打ち合わせも別々に行っていることも明かした。

番組ではMCの羽鳥慎一が、斎藤アナの感染を報告。「熱は下がっているようですが、39度ぐらいまでいったそうなので、かなりつらいようです」と容態を伝え、「斎藤さんも、しっかり感染対策をしていましたが、それでも感染ということになりましたので、もはや誰がどこで感染してもおかしくない状況であります」とコメントした。

同局によると、斎藤アナは20日朝に体調の異変を感じ、同日に医療機関を受診。PCR検査を受けた結果、同日陽性と診断された。同アナの感染を受け、念のため複数の番組スタッフなどがPCR検査を行ったという。

その上で「私、斎藤さんとはスタジオで距離を取っていまして、もう1年以上、ずっと毎朝打ち合わせも別々でやっております」と明かしていた。斎藤アナの代役は同局の山本雪乃アナが務める。

斎藤アナは20日の放送を体調不良で欠席したが、この日、司会の羽鳥慎一アナウンサーが「昨日、発熱しまして、PCR検査をした結果、新型コロナ陽性となりました。しばらくお休みさせていただきます」と発表した。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*