2021最新 ミノルタ x7 宮崎美子

2021最新 ミノルタ x7 宮崎美子

ミノルタ(当時、ミノルタカメラ株式会社)は、操作が簡単でコストパフォーマンスの優れた普及型AE一眼レフカメラ『ミノルタX-7』のテレビCMに、当時大学生だった宮崎美子を起用。CMに使われていた曲とともに大反響を呼び、カメラのヒットに大きく貢献しました。

でも、宮崎美子のほうが店主よりちょっとだけ年上ですよ。

ミノルタ(当時、ミノルタカメラ株式会社)が発売した『EP450Z』は、0.64倍から1.42倍の間で無段階に倍率を選べるズーム機構を内蔵。決まった倍率の拡大縮小しかできなかった複写機の操作性を大きく向上させ、世界的ヒット商品になりました。その他にも自動原稿送りや自動用紙選択などの機能を装備。使いやすさや機能的なデザインが評価され、グッドデザイン賞も受賞しました。この頃から、複写機がミノルタの主力事業となっていきます。

パルスオキシメーターは、動脈血中に含まれる酸素の量(動脈血酸素飽和度 SpO2)を、採血することなく測定する装置です。体内への酸素の取り入れ状況をリアルタイムに検知するため、病院の手術室や集中治療室、呼吸器科の外来などで、幅広く使用されています。ミノルタ(当時、ミノルタカメラ株式会社)は、指先測定型として世界で最初のパルスオキシメーター『OXIMET MET-1471』を発売。以来、開発・製造・販売を続けています。

©2011- Konica Minolta, Inc.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*