2021最新 宮崎美子 ピカピカ

2021最新 宮崎美子 ピカピカ

宮崎美子さん(1958年12月11日生まれ/熊本県出身)が、デビュー40周年を記念して初となるカレンダー「宮崎美子 デビュー40周年記念カレンダー&フォトブック 2021年カレンダー 壁掛け CL-814」を、株式会社ハゴロモから発売します。価格は6,600円(税込)。

ツイッターや、ネットニュースのコメント欄には、「うわ~ めちゃ可愛い」「体型綺麗すぎか」「61歳であのスタイルやべえなぁ」など、その整ったスタイルに驚愕するユーザーが続出。「えぇ………。そのスタイルはズルすぎんか…? 61歳のスタイルと違う…。肌のハリも良く、体型維持が素晴らしい。そして昔と変わらず可愛い」「あの優しいほっこりしたお母さんの役の宮崎さんが、、スタイルすばら いやほんと!なんか元気もらえた」「すっごくスタイル良い!それにとっても健康的な感じ」「還暦越えてもビキニがお似合いなんて、レジェンドの枠を越えちゃってます!」など、絶賛するコメントが殺到している。

黒澤明監督(1998年没)の遺作シナリオでもあった同作のメガホンを取ったのは、黒澤組出身の小泉堯史監督(75)。「阿弥陀堂だより」「博士の愛した数式」などでも知られる名匠が、女優・宮崎美子を評する。

お酒で気分がよくなったのか、宮崎のカレンダーについても話題に。

石川さゆり、宮崎美子、佐藤健、高良健吾、田中美久(HKT48)、くまモンや熊本の方々、29(フッキュー)組が熊本城の天守閣に『おかえりなさい!』の言葉を送るWEB動画「おかえり」篇 を公開!!

CM内の中学生姿について宮崎は「温かい目でぜひ見てください。この髪形のウイッグが懐かしくて、これで気分が30年ぐらい…あと10年はぶりっこ演技と、もう10年は最新の技術でなんとか」と語っていたが、この日の写真は“最新の技術”なし。

宮崎美子は熟女属性だけじゃなくぽっちゃり属性持ちなのか。ゲムぼくさんが喜ぶ訳だ。

芸能生活40周年を迎えた女優、宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿を披露し、年齢からは想像がつかないほど整ったそのスタイルに、「昔と変わらず可愛い」「綺麗すぎて焦った」などネット民が騒然となっている。

芸能生活40周年を迎えた女優、宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿を披露!

宮崎は「50年前の私も再現してみました?どうでしょうか?」とつづり、CM内で見せている当時風のピンクのチェックのスカートに白いハイソックス、ウイッグをつけた姿を披露した。CMでは再現された日本第1号店となる銀座店のセットを舞台に、宮崎が扮した中学生の少女のデートの様子を再現。その後50年後に祖母となった宮崎が現代のマクドナルドで当時の思い出話をするというもの。

女優の宮崎美子(62)が20日、自身のインスタグラムを更新し、この日から放送されているマクドナルドの日本第1号店のオープン50周年を記念した新TVCMで中学生に扮した時の姿を披露した。

宮崎がビキニ姿を見せているのは、初カレンダー「2021年度版カレンダー&フォトブックセット」(ハゴロモ、税別6000円)で、1980年にコニカミノルタ(当時はミノルタ)のCMでデビューした時と変わらぬ豊満な健康美で魅了している。同CMは歌手、斉藤哲夫(70)が歌う「いまのキミはピカピカに光って」のメロディーにのせ、ジーパンを脱いでビキニになる姿が話題を呼んだ。今回の撮影を担当したのは、熊本大在学中の宮崎を「週刊朝日」の表紙で撮影し、同CMの出演をオファーした写真家の篠山紀信氏(79)。

それでも、デビュー当時をほうふつさせる姿にフォロワーも「素晴らしい」「可愛いですね」「デビュー当時のままですネ」「ピカピカに光ってます」「凄いなー!高校生ですよね!」「可愛い過ぎる」などの声が寄せられていた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*