2021最新 宮崎美子 上白石萌音 親子

2021最新 宮崎美子 上白石萌音 親子

高橋メアリージュンさんコメント
脚本を読んだ時に菜々緒さん演じる麗子の台詞がかっこよく、玉森さん演じる潤之介と上白石さん演じる奈未の胸キュンシーンなど早く映像で見たいなと思いました。
ファッション雑誌のお話なので、衣装もハイブランドだったり、とてもオシャレで心躍ります。私は (麗子の)ライバルの編集長役という事で、実際にモデル時代に見てきたことや、編集部で働く知人たちに話を聞きながら役を作っていこうと思います!

この度、2021年9月3日(金)発売の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』Blu-ray&DVDの豪華収録内容が決定致しました。

以前からネットを中心に2人が似ていると注目されていたが、23日放送の第7話では奈未の家族が熊本から上京するストーリーで2人が並ぶシーンもあり、視聴者は大歓迎。「親子としてこれだけ理想的な形もあるまい」「上白石萌音みたいな宮崎美子 宮崎美子みたいな上白石萌音」「似てる似てると思ってたらとうとう親子役」「娘を守るお母さん、素敵だけどウケる。そして似てるよ」「前から似てるって話題だった上白石萌音と宮崎美子が親子役なのハマり役過ぎてピッタリだろ」などと興奮気味のコメントが投稿された。

亜生 (ミキ)さんコメント
上白石萌音のバーターこと、ミキの亜生です。
ついに萌音やんと一緒のドラマに出ます。萌音やんがいてくれてほんまによかったと思ってます。
慣れない現場に仲良しがいてくれるというだけで楽しみです。玉森くんとの絡みが多いと思いますので、はやく玉森くんのことを「玉ちゃん」と呼べるくらいまで仲良くなりたいです。仲良くなって家とか行きたいです。

バラエティに富んだ実力派キャストが集結する今作。こんな時だからこそ、「恋」と「希望」で日本を元気にしたい! 2021年1月期火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』をお楽しみに!

このたび、奈未の家族である“鈴木家”のキャストが決定! 奈未の超安定志向に大きな影響を与えた「普通がいちばんたい」が口癖の母・真未(まみ)役は、ドラマや映画はもちろん、インテリ女優としてクイズ番組やバラエティ番組でも活躍する宮崎美子。上白石とは初のドラマ共演にして親子役を演じる。また父・義郎(よしろう)役には、舞台や映画、ドラマで幅広い役柄をこなす名俳優・橋爪淳が決定。義郎は書店を営みながらも小説家になる夢を諦められず、家族に苦労をかけ続けているという役どころ。そして、奈未とは正反対のタイプで今ドキな女子高生の妹・多未(たみ)を、ティーンのカリスマとして2020年に大躍進を見せた山之内すずが演じる。今作がGP帯連続ドラマ初出演となる山之内。バラエティ番組とはまたひと味違った表情、そしてフレッシュな演技に注目だ。

橋爪淳です。
この度、『大恋愛』『恋つづ』に引き続き、この『ボス恋』に出演させていただくことになりました。娘役の萌音ちゃんが中学生のころ、ミュージカル「王様と私」の旅公演でご一緒していたので、成長した萌音ちゃんを見る度に本当にうれしくて仕方ありません。なので、父になるには時間はかかりませんでした。
私は小説家を夢見る書店の店主、いつか最高の小説を書きあげて有名な書店に平積みされることを夢見ています。「どんな小説を書いているんですか?」を宮崎美子さんに聞かれ「官能小説です」と答えたら笑われました。とにかく最高に楽しいドラマです。ぜひご覧になってください。

今回は宮崎美子さんのマックCMについてまとめてみました。

上白石萌音が演じる主人公・鈴木奈未(すずき・なみ)は、その名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並み(なみ)で普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主。地方の田舎町で生まれ育ち、夢もやりたいことも特にない平凡女子だ。奈未は東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけるため、東京の大手出版社の備品管理部の面接を受ける。そして採用されたはいいが、備品管理部ではなくファッション雑誌編集部に配属されてしまう。そこで出会ったのは、菜々緒演じる最年少編集長・宝来麗子(ほうらい・れいこ)。彼女はまさに「バリキャリ」であり、「超敏腕」「毒舌・冷徹」な鬼上司だった……!

出演者コメント■宮崎美子
上白石萌音さんとは以前から「似てる似てる」と言われていて、一度共演してみたいと思っていましたが、今回本当に親子役をさせていただきます。どうでしょうか? 似てますか? ぜひご確認いただきたいです。(上白石演じる奈未の)実家の舞台は熊本なのですが、萌音さんも九州の方で、妹役の山之内すずさんも九州の血が入っているらしく。何となく皆似てる? と、お父さん(橋爪淳)も交えて、家族シーンは最初から良い空気感でした。
奈未は一生懸命な子なので、東京に行ってどうなるのか? お仕事も恋も心配ですが、明るく楽天的な部分もあるので、なんとかなるのかな? 普通がいちばん、堅実な人と一緒になるのが良いと、幼き頃から叩き込んできたので、大丈夫でしょうかね。とにかく、娘の頑張りを遠く熊本から見守っていますので、皆様もぜひ一緒に見守ってください。応援よろしくお願いいたします。

バラエティに富んだ実力派キャストが次々に決定し、『ボス恋』はますますパワーアップ。こんな時だからこそ、「恋」と「希望」で日本を元気にしたい! 2021年1月期火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』をお楽しみに!

そんな声は宮崎にも届いているようで、今回のドラマ出演が決まった昨年12月には「上白石萌音さんとは以前から『似てる似てる』と言われていて、一度共演してみたいと思っていましたが、今回本当に親子役をさせていただきます。どうでしょうか?似てますか?ぜひご確認いただきたいです」とコメントしている。

出演が決まって
今回は密かに憧れていたTBSさんの火曜ドラマ「胸キュン!お仕事&ラブコメディ」に参加出来るということで私自身はとってもうれしくて、舞い上がっております。
ただ上白石萌音ちゃん演じる奈未ちゃんの恋敵に!? ということなので、もしかしたら奪いあったりしちゃうのかな…? (笑)
ドロドロするかしないかは分かりませんが、わたし演じる理緒ちゃんが作品の中で良いスパイスになれば良いなと思います。

TBS系の火曜ドラマ枠で放送中の「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の主演・鈴木奈未役の上白石萌音と、その母親・真未役の宮崎美子が「似てる」「親子として理想的な形」などと話題になっている。

■橋爪 淳
橋爪淳です。このたび、『大恋愛』『恋つづ』に引き続き、この『ボス恋』に出演させていただくことになりました。娘役の萌音ちゃんが中学生のころ、ミュージカル『王様と私』の旅公演でご一緒していたので、成長した萌音ちゃんを見るたびに、本当にうれしくて仕方ありません。なので、父になるには時間はかかりませんでした。私は小説家を夢見る書店の店主、いつか最高の小説を書きあげて有名な書店に平積みされることを夢見ています。「どんな小説を書いているんですか?」を宮崎美子さんに聞かれ「官能小説です」と答えたら笑われました。とにかく最高に楽しいドラマです。ぜひご覧になってください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*