2021最新 氷川きよし アニソン

2021最新 氷川きよし アニソン

ここでステージに歌手の氷川きよしさんが登場。氷川さんは、テレビアニメ『ドラゴンボール超(スーパー)』で、2月5日から放送がスタートする新章“宇宙サバイバル編”の主題歌『限界突破×サバイバー』を歌うことが決まっており、今回、野沢さんのギネス世界記録認定にお祝いに駆け付けた。

氷川さんにとって初のアニメソングとなる『限界突破×サバイバー』。こぶしを回さず、子どものころに好きだったアニソンを歌う気持ちで歌ったという氷川さんは、『ドラゴンボール』の主題歌を歌うことが決まったときの心境を「よっしゃーという気持ちになり、うれしくてテンションが上がった」と言い、いままで生きてきたなかでもいちばんうれしい出来事だったと振り返った。一方の野沢さんは、氷川さんが主題歌を歌うことについて「もう最高! デビュー当時から(氷川さんの)大ファンだったので幸せ。続けてきてよかった。まだ続けるけど(笑)」と喜びを爆発させた。また、氷川さんはこの曲を歌うにあたり、悟空の気持ちを感じながら、壁をぶち破ってつぎのステップへ進む“無敵の自分”という心意気だったそうだ。
この『限界突破×サバイバー』が主題歌として使用されるテレビアニメ『ドラゴンボール超(スーパー)』、新章“宇宙サバイバル編”は、2017年2月5日から放送がスタートする。そして楽曲は、同日よりダウンロード販売されるとのことだ。

■2月5日(日)よりTVアニメ「ドラゴンボール超」新章突入
2月5日(日)から鳥山明原作・ストーリー&キャラクター原案の新展開「宇宙サバイバル編」がスタート!第7宇宙を代表する10名の戦士がチームとなって「力の大会」に臨みます! そこに待ち受ける熾烈な戦いとは? 悟空にさらなる強敵は現れるのか??!

2年ぶり2回目!世界最大のアニメソングのライブイベント『Animelo Summer Live 2019 -STORY-』に、氷川きよし(41)が再降臨。

前述の通り、『ドラゴンボール』のゲームが初めて発売されたのが1986年で、ボイスが搭載されたタイトルが『ドラゴンボールZ 超武闘伝』となる。野沢さんによると、当時はボイスといっても掛け声がほとんどで、同じ「ハァ~!」でも音の伸ばしかたが微妙に異なっていたなどのエピソードを披露してくれた。
ゲーム同様、テレビアニメも大人気を誇った『ドラゴンボール』。氷川さんにとっては、アニメの話が父親とのコミュニケーションのひとつだったので、今回の主題歌の話もとても喜んでくれたそうだ。「おかげさまで親孝行ができました」と笑った。ちなみに好きなキャラクターはやはり孫悟空で、2番目にチチを挙げていた。また、「ドラゴンボールを集めて“神龍”に願いを叶えてもらえるとしたら、どんなお願いをするか?」という質問には、「主題歌を歌わせていただき、こうして野沢雅子先生に会わせていただいたので、願いが叶いました」という氷川さんのコメントに野沢さんも感激していた。

国民的大人気コンテンツとして、世界でも認められた『ドラゴンボール』。ゲームでも、アニメでも、ファンの心をさらに熱く盛り上げてくれそうだ。

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*