2021最新 氷川きよし 明治座

2021最新 氷川きよし 明治座

演歌歌手の氷川きよし(42)が28日、東京・明治座で座長公演「氷川きよし特別公演」(9月27日まで)を開幕させた。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月から公演を中止していた明治座にとって、同作が長期公演再開作。氷川が明治座の座長を務めるのは、今回が6度目となる。客席を前後左右一席感覚であけ、ステージ上でも一定の距離を保つなど感染対策をした上で、第一部のオリジナル喜劇「限界突破の七変化 恋之介旅日記」と第二部の「氷川きよしコンサート 2020in 明治座」を披露。デビュー曲の「箱根八里の半次郎」、代表曲「きよしのズンドコ節」や「限界突破×サバイバー」などを熱唱し「半年ぶりに皆様にお会いできて本当にうれしかったですし、皆さんがこれからも元気で健康でいてくださるように、そして、このコロナウイルス感染症が早く収束し、コンサートができるよう願っています。一ヶ月間、安全な状態で最後までやり遂げたいと思っていますので、どうか見守っていてください。今日は本当にありがとうございました」と感謝で締めくくった。

コンサート終盤、氷川はひさしぶりに観客の前に立てたことを喜びながら「1カ月間、最後まで安全にやり遂げたいと思っていますので、どうか見守っていてください。今日は本当にありがとうございました」と感謝を述べた。公演は新型コロナウイルス感染対策を行ったうえで、9月27日まで実施される。

「たくさんの人たちと作り上げる一体感が好きなので、一人でのコンサートと違って、多くの人たちが出演する明治座の舞台は楽しみです。コロナ渦で緊張感のある日々をお過ごしかと思いますが、非日常的な時間を過ごして頑張ろう! と元気になっていただければ幸いです。劇場でお待ちしております」

第二部の「水森かおりコンサート in 明治座」はヒット曲「鳥取砂丘」から新曲「鳴子峡」までの数々のご当地ソングと、巨大衣装が見所となる。水森は昨年大みそかに、18年連続で『NHK 紅白歌合戦』出場を果たし、巨大ドレスを披露したが、その劇場バージョンが登場する。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*