2021最新 氷川きよし 相葉雅紀

2021最新 氷川きよし 相葉雅紀

麻耶雄嵩さんの小説を基にしたドラマで、相葉さんが演じるのは「御前様」と呼ばれる貴族。「探偵」を趣味としている貴族が、使用人たちに推理させながら、難事件を解決していくという異色のストーリーとなっています。相葉さんは正体不明の貴族、という難しい役を見事に演じており、貴族の衣装も似合っていましたよね。

相葉さん初の連続ドラマ主演作品でもある「マイガール」。突如現れた5歳の娘と暮らすことになるカメラアシスタント・笠間正宗を相葉さんは演じており、昔の恋人を思い続けるひたむきでまっすぐな正宗は、まさに相葉さんそのものといった姿でしたよね。

コメントでは「広末さん演じるトキワさんが別れを告げるシーン、コオ先生がぐっと涙をこらえるシーンがありましたが、まさに俳優・相葉雅紀の真骨頂でした!」「コオ先生の人柄は相葉ちゃんとピッタリで違和感なく、まさに適役でした。毎週コオ先生にドキドキし、癒やされ、感動して泣いていました」など、多くの声が寄せられていました。

お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんとNHKの桑子真帆アナウンサーが司会を務める同局の音楽特番「ライブ・エール2021」に、歌手のMISIAさんや氷川きよしさん、森山直太朗さん、人気グループ「V6」「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」らが出演することが分かった。
【写真特集】氷川きよしが限界突破な輝き放つ! かっこいいキスマイも 出演アーティスト第1弾を一挙公開!!

コメントでは「等身大の相葉君らしく、とてもよいドラマでした」「毎回、誰が犯人なんだろう? と思いながらハラハラドキドキして見てました」といったコメントが寄せられていました。

第2位にランクインしたのは、「マイガール」でした。得票数は740票、全体の20.3%の票を獲得しています。

第8位は、2019年の24時間テレビで放送された「絆のペダル」。ロードレーサーである宮澤崇史さんの半生をベースにしたドラマです。母親に自らの肝臓を移植し、懸命なリハビリと努力を積み重ね日本一になるまでの軌跡を、相葉さんがしっかりと演じていました。薬師丸ひろ子さん演じる母親との絆を感じられる作品です。

第6位は、「ラストホープ」でした。この作品で相葉さんが演じたのは、飄々とした医師・波多野卓巳。最先端の医療が揃う「高度先端医療センター」を舞台に、専門もキャリアも違う医師たちが難病に侵された患者に向き合っていきます。コメントでは「医療の今が顕著にわかるドラマだと思います。役者さんのカンファレンスのシーンは圧巻です」といった声が寄せられていました。

コメントでは「正宗くんとコハルちゃんが周りの人に支えられながら、血の繋がりだけではない心から本物の親子になろうとする姿に何度も泣かされました」「初々しい演技の相葉君と娘のコハルちゃんの掛け合わせがかわいくて、中でもお遊戯会の練習をしていて二人が『しゃらしゃらぽん!』というシーンは格別でした!」など、多くの声が寄せられました。

「僕とシッポと神楽坂」は、「I LOVE みんなのどうぶつ園」などでも動物好きの一面をのぞかせる相葉さんが、小さな動物病院の獣医を演じた作品。優しく動物に接するコオ先生こと高円寺達也の姿は、まさに相葉さんにピッタリ! 広末涼子さん演じるシングルマザーとの少し切ない恋も描かれました。

第7位にランクインしたのは、「三毛猫ホームズの推理」。赤川次郎さんによる人気ミステリー小説をドラマ化した作品です。相葉さんが演じたのは、高所恐怖症や女性恐怖症など、多くの恐怖症や弱点を抱える刑事・片山義太郎。不思議な三毛猫・ホームズが与えてくれるヒントを基に、数々の難事件を解決していきます。三毛猫ホームズの化身として登場するマツコ・デラックスさんのインパクトは抜群。

コメントでは「相葉さん演じる御前様は、あんなに上から目線の言動なのに、なぜかイヤミになりすぎずかわいげさえも感じてしまう。いたずらっぽい笑みにクスッとなったり、キュンとさせられたり……。他の個性的なキャストの方々との掛け合いも面白かった」「貴族の衣装が良く似合っていた。普段は親しみやすいイメージの相葉くんだけど、現実感のない役がハマっていたと思う」などの声があがっていました。

第5位は「バーテンダー」でした。相葉さんが演じたのは、天才バーテンダーの佐々倉溜。店を訪れる客との交流を描いたドラマで、カウンターで見せる落ち着いた凄腕バーテンダーの姿と、オフの時に見せる子どもっぽい無邪気な姿は、どこか相葉さんにピッタリでしたよね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*