2021最新 瀬戸大也現在

2021最新 瀬戸大也現在

東京大会の1年中止が決まった後は、モチベーションの低下や自身のスキャンダル発覚により一時低迷。19年世界選手権の結果ですでに出場権を獲得していた五輪への影響も懸念されたが、今年4月の日本選手権では復活優勝を遂げた。 今月22日の取材では、目標タイムを4分4秒と掲げ「完璧に練習が積めた。体も心もすごく整っている」と自信をのぞかせていた瀬戸が、まさかの結果となった。

1日置いた6日には、200mバタフライと200m個人メドレーに出場。両種目ともに全体1位で決勝に進む。

男子400m個人メドレー予選には、日本から瀬戸大也と井狩裕貴がエントリー。

こちらも瀬戸選手にとって、契約解除は痛手になったことでしょう。

では2021年現在、瀬戸大也選手のスポンサーはどこなのか調査しました。

エントリーしたのは3種目。最初のレースとなったのは、大会初日に予選と決勝が行なわれる400m個人メドレー。ここで瀬戸は良好な結果を出す。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*