2021最新 長谷川唯サッカー

2021最新 長谷川唯サッカー

次ページ【動画】リーグデビュー戦で2ゴール! MVPにも選出された長谷川の勇姿はこちら!

――2019年のFIFA女子ワールドカップフランス大会では、途中ケガなどで悔しい思いをしたと思います。それ以降、レベルアップは実感できていますか?

なでしこMF長谷川唯、U―24男子の初戦勝利に刺激「ゴールを狙う意識がすごい。気持ちをプレーで」

2014年、FIFA U-17女子ワールドカップを制した頃から、そのズバ抜けたテクニックと意表を突くアイデアで注目されていたのが長谷川唯(ACミラン)だ。当時の日テレ・ベレーザでさらに磨きをかけた長谷川が、なでしこジャパンに初選出されたのが2017年。アンダーカテゴリーから高倉麻子監督の元で日の丸を背負ってきた彼女を、なでしこジャパンの軸に据えるのは必然だった。

必死に詰めてきた相手GK、さらには3人のDFの頭上をふわりと越した。2―0で迎えた前半32分、ゴール前でFW菅沢が競り、相手GKからこぼれたところに反応したMF長谷川は「選手が3、4人見えて、上しか空いていなかった。ゴールにパスをする感覚で打った」と、左足で鮮やかなループシュートを決めた。

ワールドカップ2022カタール大会出場を目指すサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

ミラン移籍が決まった長谷川唯。@LaPresse.

18日、来月の『第32回オリンピック競技大会』および『MS&ADカップ2021』へ臨むなでしこジャパン(サッカー日本女子代表)に選出されたMF長谷川唯(ミラン/イタリア)が自身のSNSを更新した。

現在24歳の長谷川は、これまで2018AFC女子アジアカップや2019FIFA女子ワールドカップにメンバー入りを果たすなど、ここまで国際Aマッチ45試合9得点を記録。今年の1月に日テレ・東京ヴェルディベレーザからミランへ完全移籍すると、ここまでセリエAで9試合に出場し3得点を記録する活躍を見せている。

WOWOWが「UEFAチャンピオンズリーグ」の独占放送・配信を発表。2021-22シーズンはグループステージ~ファイナルまで!

メンバー選出を受け、長谷川は「東京オリンピックのメンバーに選出されました。このような難しい状況の中、サッカーが出来ることへの感謝の気持ちを忘れず、たくさんの人の想いを背負って戦います」とメッセージを投稿。自身初となるオリンピックの舞台へ意気込みを示した。

2021年7月2~3日、東海や関東甲信越地方で激しい雨が降りました。静岡県熱海市では土石流が発生、捜索が続いています。

サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)は11日、パナマとの国際親善試合(東京・国立競技場)に7―0で大勝した。今年1月にイタリアに渡った24歳のMF長谷川唯(ACミラン)が技ありのループシュートやチャンスメークで大量得点に導いた。

その岩渕真奈と2トップのコンビを組むのが菅澤優衣香だ。昨季はなでしこリーグ最優秀選手の受賞と得点王を獲得。さらに浦和レッズレディースのリーグ優勝に貢献するなど最高のシーズンを送った。これまでアルビレックス新潟レディース、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース、浦和Lと3クラブでプレーしてきた菅澤は自身初のタイトル獲得となった。同選手はフィジカルを武器にしたポストプレーが得意なFWだ。足元の技術もあり、しっかりとタメを作って味方の上がりを待つことができる。岩渕真奈や田中美南、長谷川唯など裏に抜け出せる選手が多い中、ポストプレーができる選手は大変貴重だ。また、クラブでゴールを量産することからも分かる通り、シュートセンスもある。競り合いにも強くクロスボールからのヘディングシュートは、フィジカルの強い海外選手も手を焼くことだろう。日本の金メダル獲得には菅澤のゴール量産がカギを握るかもしれない。

WSD責任編集7月15日発売完全保存版
EURO2020
大会総集編
熱狂の全試合を網羅!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*