2021最新 長谷川唯 なでしこジャパン

2021最新 長谷川唯 なでしこジャパン

――2019年のFIFA女子ワールドカップフランス大会では、途中ケガなどで悔しい思いをしたと思います。それ以降、レベルアップは実感できていますか?

1次リーグ初戦のカナダ戦は1―1の引き分け。先発出場した長谷川は、岩渕の同点弾をアシストするなど存在感を示したが「攻撃で人数が少ない、関わっている人が少なかった。ボールを持っている人が孤立するのは試合中も感じていた」。日本の大きな特長でもある複数人が絡む連係を多く見せられなかったことを課題に挙げた。

なでしこMF長谷川唯、U―24男子の初戦勝利に刺激「ゴールを狙う意識がすごい。気持ちをプレーで」

22日には、男子が南アフリカに1―0で勝利した。その試合を部屋で見たという長谷川は「攻撃陣の選手のサイドからの突破だったり、ゴールを狙う意識がすごいと思った」。カナダ戦はゴールに向かうプレーについて、全体的に物足りなさを感じたようで「得点に対するこだわり、気持ちをプレーで出すのはすごく大事だと思った」と刺激を受けた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*