2021最新 長谷川唯 現在

2021最新 長谷川唯 現在

今シーズンは補強も積極的に行い、イングランド代表FWナターシャ・ドウィに元ドイツ代表のジュリア・シミッチ、そしてスペイン代表MFベロニカ・ボケーテらの有力選手を獲得していたが、長谷川は彼らに続く大物外国人選手の補強第4段となった。

なでしこMF長谷川唯、U―24男子の初戦勝利に刺激「ゴールを狙う意識がすごい。気持ちをプレーで」

1月31日にはイタリア・ウィメンズカップ準々決勝のサッスオーロ戦が行われたが、長谷川は招集されなかった。早ければ2月7日に開催されるリーグ戦、サンマリノ・アカデミーがデビュー戦となると見られている。

2019年女子W杯でイタリア代表は8強にも進出しており、サッカー界を挙げて強化を図っている最中。その中で長谷川がどういう存在感を見せていくのか、注目される。

なでしこMF長谷川唯 白星発進の男子に刺激「ゴールを狙う意識はすごいな」

マウリツィオ・ガンツ監督率いるチームは主に3バックシステムを使用しており、長谷川はインサイドMFとしてボケーテやスロベニア代表MFドミニカ・コンクらとポジションを争うか、トップ下としてエースのイタリア代表FWバレンティーナ・ジャチンティと近いエリアで仕事をすることが期待されている。

© 2020. sol media. All Rights Reserved.

ミランは近年、女子サッカー部門の強化にも力を入れていた。2018年にブレシア・フェンミニーレの権利を獲得することで女子リーグに本格参入し、元々強豪だった同チームを引き継いだミラン・フェンミニーレは初参戦の2018-19シーズンで3位入賞、新型コロナウイルス感染症の影響で打ち切られた昨季も3位と躍進していた。

1973年福岡県生まれ。2003年からイタリアはジェノバでカルチョの取材を始めたが、2011年、長友のインテル電撃移籍をきっかけに突如“上京”を決意。現在はミラノ近郊のサロンノに在住し、シチリアの海と太陽を時々懐かしみつつ、取材・執筆に勤しむ。

リーグ戦第12節終了時点、ミランは11勝1敗で2位をキープし、12戦全勝のユベントスを追走している。イタリアサッカー連盟(FIGC)は2015年から男子のプロサッカークラブが女子チームを獲得し運営することを認めており、興業を掘り起こせる新しいカテゴリーとして、各クラブも続々と参入中だ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*