2021最新 長谷川唯 jfa

2021最新 長谷川唯 jfa

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のMF長谷川唯(24)がプロのWEリーグに今季参入する日テレからイタリア1部リーグのACミランに移籍することが29日、関係者の話で…

「時間の制限がある中で出来る練習が限られ、対人などの激しいプレーまではまだ出来ない状態です。試合も出来なくてもどかしいと思うこともありますが、焦らないように心掛けています。」
こう答える高校生選手の気持ちに寄り添うように長谷川選手は話します。

長谷川
「自分はポジティブな性格ですが、全員が全員、そういうタイプではなく、中には考え込んでしまう人もいると思うので、授業を通してネガティブな考え方から少しでもポジティブに考えられるようになって楽しむ心を持ってもらえたらそれが一番だと思います。

長谷川
「練習することはもちろんなのですが、まずはどんな時も楽しむということが大切だと思っています。 オリンピックが中止になってしまった時はショックを受けましたが、それでもチームでの練習は楽しかった。チームの課題をみんなで修正していくことがとても楽しかったんです。夢や目標を叶えるためには努力は必要なのですが、その努力をするためにも、楽しむということはとても大切なことだと思います。

まだまだ他にも多くの質問が寄せられました。
長谷川 唯選手の「エールオンライン授業」はこちらから視聴できますので、ぜひご覧ください。
▶▶「エールオンライン授業アーカイブ動画」

長谷川
「2019年度のワールドカップ フランス大会の期間中、怪我のために日本代表チームから離脱することになってしまいました。サッカーが出来ない期間はとても苦しくて、早くサッカーをしたいという気持ちもあったのですが、ケガから復帰した時のプレーイメージと目標を持つことでモチベーションを保ちました。先のことをイメージしながら、負荷をかけた筋力トレーニングなど、普段なら出来ないことにも取り組みました。
コロナ禍でサッカーが出来ない期間も、練習が再開した時までに自分自身がどれだけ成長出来るかを楽しみに自宅でのトレーニングに励みました。」

この度、長谷川唯選手が、ACミラン(Associazione Calcio Milan/イタリア)に完全移籍することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

長谷川
「自分も皆さんと同じような状況です。チームでは、少人数のグループでの練習は再開できたけれど、全員での練習がまだなかなか出来ない状況なので、早くみんなと練習がしたいという気持ちがありました。でも、今は限られた状況だからこそ出来ることを懸命にやっていこうという気持ちで頑張っています。」

オンライン授業には、全国から参加応募された高校女子サッカー部の部員のみなさん40名が参加。高校生選手と長谷川選手が質問をやり取りする形で進められました。

長谷川
「中学でメニーナに入った時、周りは自分より技術もスピードもある、体も大きな選手ばかりでした。そういう選手達を相手にただがむしゃらにやるだけではもう通用しないと思いました。もっと努力してもっと上手くならなければ。この厳しい環境に置かれたからこそ、考えてサッカーをしようと思うようになりました。」

長谷川
「私自身はメニーナに入ったのは中学生、そのころからサッカーを考えてやっていて、今でもそれがとても役立っています。考えながらサッカーすることは、国内リーグだけではなく、日本代表での海外の選手との試合でも、非常に大事だと思うことの一つです。高校生選手の中には、考えてサッカーをしている選手ももちろん多いとは思いますが、ただがむしゃらにやっているという選手もまだまだ多いのではないかと思うので、サッカーの映像を沢山見たりしながら、考えてプレーするということをやっていくことを意識して欲しいと思います。」

2020年6月22日(月)、サッカー日本女子代表選手 長谷川 唯さんを講師に迎えた第7回目が開催されました。全国の高校女子サッカー部の選手からの質問に丁寧に答えて行く長谷川選手。マイナスをプラスに変えるその前向きな姿勢が高校女子サッカー選手たちへの大きなエールとなっていました。

誰もが想像もできなかったこの未曾有の事態。
保護者の皆さんや指導者の方々の中には活躍の場を失った高校生たちにどんな風に接したら良いか悩んだ方も多かったと思います。
自身は「あまり落ち込んだことが無い」と言う長谷川選手。それでも、悔しい思いをしたり、落ち込んだ時、何も言わず見守ってくれた家族や参考になる海外のプレー動画を資料として集めてくれた監督の気遣いがとても嬉しかったと教えてくれました。

長谷川
「今まで、なかなか高校生とこういう話をする機会はありませんでしたので、自分にとってはとても楽しい時間になりました。自分の高校時代のことを話して、高校生の選手達から「なるほど」と思ってもらったり、「ためになった」と言ってもらえたことはとても嬉しかったです。大会がなくなったことでこういう機会が出来たのですが、普段からこういう機会が持てたら、それはとても良いことだと思います。」

なでしこジャパン、オーストラリア戦のメンバー発表! 五輪本番前最後の強化試合に岩渕、長谷川ら先発!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*