2021最新 内村航平父

2021最新 内村航平父

東京五輪へ第一関門に挑む体操内村航平の大技を鉄棒スペシャリストが徹底分析。ゴルフ松山に続け!渋野・金谷さらに新ヒロイン誕生。今日のプロ野球終盤にドラマが!

うちむら こうへい 1989年生まれ。32歳。オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。プライベートでは8歳、5歳の女児の父。

男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=が種目別鉄棒で4大会連続の五輪出場を決めた。この日の決勝で15・100で2位。選考対象の3大会、計5演技を終え、日本協会が定めた基準をクリアした選手の中でトップに立った。

内村航平(うちむらこうへい)選手は15歳から東京で1人暮らしをしていたそうで、高校時代は1年ごとに引越ししていたのだとか!

プロ野球の日本一を決める日本シリーズは22日、京セラドーム大阪で行われた第2戦でソフトバンクが巨人に13-2で大勝し、2連勝を飾った。ソフトバンクは2018年の第3戦から…

1992年、元体操選手の両親は長崎県諫早市で「スポーツクラブ内村」という体操教室を立ち上げた。息子に英才教育を施そうという意図もあった。内村はわずか3歳で体を動かし始めている。「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、3歳までの子育てが未来を形づくると考えられている。まだ物心つくかつかないかで体操の楽しさに触れた内村の場合も、その原体験が以降の歩みを支えてきたと言っていい。

こんな形で終わるとは、内村自身も想像していなかった。19歳で初出場した08年北京五輪から16年リオ五輪まで、金3個、銀4個を獲得。「うまくいかなかったことがなかった」。何もかも知り尽くしていた五輪。4度目はまさかの予選敗退だった。「僕の見せられる夢はここまでなんじゃないかと思う」。築きあげてきた「内村時代」の終幕を自ら告げた。取材が終わると「最後、良い感じでしたね(笑い)」。コメントに自画自賛する姿も、最後まで内村らしかった。

社会人アメリカンフットボールのX1エリア西日本トーナメントの1回戦2試合が1日、神戸市王子スタジアムで行われ、みらいふ福岡が34-20でアズワンを破って決勝進出を果たした…

体操選手として日本を支える内村航平選手。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*