2021最新 内村航平 母 体操教室

2021最新 内村航平 母 体操教室

両親は内村少年が小学5年生のときに、体操教室にトランポリンを購入した。彼は遊び感覚で毎日その上を飛び跳ねていたという。

長崎純心女子学園卒業後、現在の長崎県立大学卒業。その後体操教室で幼児体育の指導にあたる。1992年に夫和久氏と共にスポーツクラブ内村を開設。2歳から大人までの体操を指導。クラシックバレエ教師(Shuバレエスタジオ)も行っている。

「私達が大切にしてきたのは、体操を楽しく、好きでやってほしいということ。航平には『目標よりも夢を持ちなさい』と言ってきました」

体操内村航平選手の母であり、その指導力とプログラム内容の高さに大人気となっている内村周子先生による体操スクールです。

東京オリンピックの代表選考をかねる体操の全日本選手権は、大会2日目の16日、男子予選が行われ、種目別の鉄棒に出場した内村航平選手は高得点をマークしてこの種目、トップに立ちました。

コンテナの家は、内村の体を蝕んだこともあったという。

体操スキルのみならず、集中力、忍耐力をつけ、機敏性を養うことができる内容です。リズム運動から器具運動までしっかり基本から指導致します。

Googleはこの機能を5月に開催された「Google I/O」カンファレンスで発表した。モバイルのみのオプションで、現在はGoogleの「iOS」アプリで利用可能になっている。Androidアプリでも「2021年中に」提供されるとGoogleは述べている。

現在、月2回渋谷スポーツ共育プラザ&ラボ ‟すぽっと”でも体操指導にあたり、申し込み殺到の大人気プログラムとなっている。

3才のとき、一家は周子さんの故郷である長崎県諫早市に移り住む。かつて体操選手だった和久さんと周子さんが体操教室を開設したのだ。しかし、当初はかなり厳しい環境の中での教室運営だったと和久さんは振り返る。

大会前から、金メダルの大本命として呼び声が高かった男子体操の内村航平(23)。超高難度の技を次々と繰り出すことを可能とさせてきたのは、ずば抜けた“空中感覚”と、競技に対する常にポジティブな姿勢だ。

体操一家に生まれながら、決して強制されることなく、幼少期から自然体で育まれた選手としてのルーツ。内村は大舞台を前に「早く演技がしたくてしょうがないと言ってのけた。選手村にある、大好きなマクドナルドで食事をとりながら、彼は大一番にも自然体で臨んでいる――。

その礎を築いたのが、地元・長崎県諫早市で体操教室を営む両親の教え。生まれて間もない息子には“英才教育”が施された。母・周子さんは、本誌にこう語っている。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*