2021最新 内村航平 母 大阪

2021最新 内村航平 母 大阪

鉄棒に専念する内村航平(ジョイカル)が、決勝で15・100点をマークし、日本協会の定めた選考基準を突破。日本体操界2人目となる4大会連続の五輪出場を決めた。

また、12月21日~12月28日まで教育委員会公式youtubeチャンネルにて講演会を大東市民限定で配信されるそうです。当日は参加できないけど講演会を聞きたいという方は2020年12月18日までに「動画配信申込」にて必要事項を記入し内容欄には「子育て講演会動画配信」と明記してお申し込みしてください。

体操・全日本種目別選手権第1日(5日・群馬高崎アリーナ)――予選が行われ、東京五輪代表選考会を兼ねる男子は、個人枠での代表入りを目指す内村航平(ジョイカル)が鉄棒で15・766点をマークし、首位で上位8人による決勝に進んだ。

種目別の東京五輪1枠をかけた争いは4月の全日本、5月のNHK杯、6月の全日本種目別が選考大会。内村と跳馬の米倉英信(徳洲会)との一騎打ちとなっていた。NHK杯終了時点では、世界ランクに合わせた日本協会が定めた独自の基準得点によるポイント数で、両者の獲得ポイントは110で並んでいた。今大会の予選で内村が40ポイント、米倉が30ポイントを取り、内村が1歩リード。決勝では内村が20ポイント、米倉が30ポイントを積み上げ、獲得ポイントで並んだものの、内村はタイブレークで米倉を上回り、五輪切符を手にした。

福岡スタア倶楽部​​​​​ー2010(平成22)年3月14日西日本新聞ー―13日から九州先行公開されている映画「海の金魚」では、主人公の高校生たちをサポートするヨットレー…

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*