2021最新 内村航平 母 病気

2021最新 内村航平 母 病気

息子・内村航平を溺愛しすぎる、母・内村周子。それを自分自身でも自覚しているようで、それを「しくじりポイント」としていました。

独特なキャラクターの内村周子。気になるのはその年齢。見た目はとにかく若々しい感じがしますが、若く見えるのはおさげ姿のせい?

内村周子が「しくじり先生」の中でも話していたように、内村航平が母を避けていた時期があったようです。しかし、そんな内村航平とあえて距離を置くことで、逆に内村航平から寄り添ってきてくれたようで、現在では良好な関係を築けているとか。

内村航平が現役で勝負し続ける限り、母・内村周子はどこへでも応援に駆け付けるでしょう。これからも元気にこのおさげ姿のままで応援し続けてほしいですね!

「しくじり先生」の中で、内村航平の母・内村周子は息子との確執など、普段聞くことのできないような貴重な話を聞かせてくれました。

内村周子本人もおさげに対してこだわりがあるようで、この髪型を変える気はないようです。これはこれで一つの形ですから、もうこのままでいい気がしますね。

熊本の大震災の避難所へ体操の指導に訪れた内村航平の母・内村周子。この時もやはりおさげ姿。周りから痛いといわれようが、こだわりを貫き通すのはある意味すごいですね。

内村航平の応援の時も変わらずおさげスタイル。そこに日の丸のハチマキを巻いています。息子を懸命に応援する姿は心打たれます。

いつもどんなときもおさげスタイルの内村航平の母・内村周子。この姿に見慣れるとこれが当たり前のように思えますが、やはりこの年齢でこの髪型は痛いといわれても仕方がないのかもしれませんね。

内村航平の母・内村周子は「しくじり先生」の中で、息子である内村航平との関係についても赤裸々に語ってくれました。

五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者判明に「僕らに損ではない」とフェアネス欠く発言! 日本有利の不公平はびこる東京五輪のページです。LITERAは政治・マスコミ・ジャーナリズム・オピニオン・社会問題や芸能(エンタメ)・スキャンダル・カルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アンフェア、サッカー、久保建英、内村航平、吉田麻也、感染、東京五輪、編集部の記事ならリテラへ。

生年月日:1962年生まれ出身地:長崎県職業:体操指導者夫・内村和久とともに地元・諫早市で体操教室を開いている。長男は体操選手の内村航平。

おさげ姿がとにかく印象的な、内村航平の母・内村周子。何かこだわりがあってこの髪型をキープしているのでしょう。

内村航平とのエピソードを惜しげもなく話してくれた母・内村周子。親子間にいろんなことがあったようですが、それを乗り越えて今の関係があるようですね。

私の場合も、長男の航平(五輪3大会メダリストの内村航平さん)と長女の春日(はるひ)の子育て中は毎日が戦争のようでした。でも、ただただ楽しかった。航平が「体操留学」のために長崎の家を離れ、東京の高校に進学したときは寂しい思いをしました。もう毎日弁当を作らなくていい、毎朝起こさなくてもいい。でも、することが減ったから楽になるというものではなく、精神的には疲れていたと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*