2021最新 内村航平 父親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平 父親

プロ野球の日本一を決める日本シリーズは22日、京セラドーム大阪で行われた第2戦でソフトバンクが巨人に13-2で大勝し、2連勝を飾った。ソフトバンクは2018年の第3戦から…

諫早市の中学校で、東京オリンピックの体操で4大会連続の出場を決めた内村航平選手と、自転車競技に出場する小林優香選手の激励会が開かれました。
諫早市の諫早中学校で開かれた激励会では、全校生徒およそ770人を前に、内村航平選手の父親の和久さんと小林優香選手の母親の真理さんが招かれました。
諫早市出身の内村選手は、3歳で体操を始めて諫早中学校で過ごし、佐賀県鳥栖市出身の小林優香選手は、バレーボールで全国大会を目指し、諫早中学校で下宿生活を送ったということです。
激励会では、体操をしている生徒やバレーボール部の部員からビデオメッセージでエールが送られたあと、生徒から応援メッセージを書いた国旗や花束などが手渡されました。
内村選手の父親の和久さんは「盛大な激励を受けて感動しています。ありがとうございました」と述べ、小林選手の母親の真理さんは「バレー部でたくさんの経験をさせてもらい、努力はむくわれることを、ここで教えてもらいました。応援お願いします」とあいさつしていました。
諫早中学校体操部3年の西村歩さんは「内村選手は、幼い頃からずっと目標です。鉄棒でけがなく頑張ってほしい」と話し、バレーボール部3年の松本杏香さんは「小林選手の何があってもあきらめないところがすごい。諫早から応援したい」と話していました。

三宅は2012年ロンドンの銀、2019年リオデジャネイロの銅に続く3大会連続のメダル獲得を目指し、父・義行さんと二人三脚で競技を続けてきた。義行さんは1968年メキシコ大会の銅メダリスト。

体操選手として日本を支える内村航平選手。

だが、内村の準備は万全からはほど遠かった。五輪代表の権利は、先月の全日本体操種目別選手権で、タイブレークでようやく獲得した。2019年の両肩のけがで、個人総合への出場の可能性は失われた。

社会人アメリカンフットボールのX1エリア西日本トーナメントの1回戦2試合が1日、神戸市王子スタジアムで行われ、みらいふ福岡が34-20でアズワンを破って決勝進出を果たした…

金メダルはトータル210キロを挙げた中国の侯志慧が獲得。インドのチャヌ・サイコム・ミラバイは202キロで銀、インドネシアのウィンジ・アイサフは194キロで銅を獲得した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*