2021最新 内村航平 父

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平 父

内村航平選手の元カノと内村航平選手の母親の仲が良かったそうなので尚更ですかね?

男子鉄棒の予選に出場した内村は、H難度のブレットシュナイダーなどの離れ技を決めたあと、ひねり技で鉄棒から落下。まさかの予選落ちとなった。

叔父の義信氏は1964年東京五輪の金メダリストで、父・義行氏は1968年メキシコ五輪の銅メダリストという重量挙げ家系に生まれたが、競技を本格的に始めたのは女子種目が追加された2000年のシドニー五輪がキッカケだった。「出し切った」と話した三宅は、大会前から表明していた通り、21年間の競技生活を終える。

内村航平(うちむらこうへい)選手は15歳から東京で1人暮らしをしていたそうで、高校時代は1年ごとに引越ししていたのだとか!

5人の力を結集した団体、最後の鉄棒で着地をぴたりと止め、ベルニャエフを逆転した個人総合は、それぞれリオの名場面だ。内村は東京で新たな歴史を刻むべく、静かに燃えている。

―― では、2011年から6年間を過ごした草加はいかがでしたか?

“キング”内村の予選落ちは、団体戦を戦う橋本大輝、谷川航、萱和磨、亀山耕平ら日本チームに衝撃を与えることになったが、内村自身も気持ちを切り替え、団体で暫定1位となった若いチームのサポートに回ると話した。

そんな内村航平選手の奥さんは野菜を食べさせるためにいつも工夫しているとインタビューで答えていましたが、そんなに偏食で身体の健康や筋肉を維持出来ている内村航平選手がすごいです。

2017年からは、また東京の赤羽付近で暮らしているようです。

重量挙げ(ウエイトリフティング)の女子49級では、ロンドン五輪で銀、リオ五輪で銅メダリストで、母国開催の東京五輪で3大会連続メダルを狙う三宅宏実が登場。三宅も2015年から左膝と腰の故障が慢性的に続き、リオ五輪本番も手負いでの銅メダル獲得劇だった。

内村航平選手をオリンピック選手にまで育てあげた母親は、TV出演されたり講演会を行ったり、出張で体操を教える事もあるらしく多忙な方です。

鉄棒に絞ったのは、痛めていた両肩への負担が少なかったことに加え、2015年の世界選手権で金メダルを獲得するなど高得点を取れる種目だったことが大きな要因だ。リオ2016大会の個人総合でも最後の鉄棒で着地をぴたりと止め、オレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)を逆転したシーンは、記憶に新しい。

内村航平の年俸や若い頃、背中ジャンプ。私服、毛深いのはすね毛?

そんな父親と母親の写真がこちら。

噂の原因は、内村航平選手の母親と嫁の仲があまり良くない事からだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*