2021最新 加藤綾子 wiki

2021最新 加藤綾子 wiki

2000年12月11日生まれ。北海道出身。2013年から本格的なソロ活動をスタートし、バンド「MAGI©PEPA」(マジペパ)のヴォーカルや、ラッププロジェクト「RINNE HIP」(リンネヒップ)としても活動。数々のライブで高い歌唱力を披露して注目を集める。2018年AbemaTVの恋愛リアリティショー「真冬のオオカミくんには騙されない」シーズン3に参加して話題に。MBSドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(20)やPFFスカラシップ作品『猫と塩、または砂糖』(20/小松孝監督)にも出演。

神奈川県出身。2006 年「死ぬかと思った」でデビュー。ジャンルを問わず幅広く活躍中。映画『ハローグッバイ』(16/菊地健雄監督)が東京国際映画祭に正式出品。その他の主な作品は、菅田将暉主演のNHK BSプレミアム「ごちそうさんっていわしたい!」(14)、田辺誠一主演のWOWOW 「ネオ・ウルトラQ」(13)、伊藤沙莉主演のフジテレビ「トランジットガールズ」(15)、土屋太鳳主演のフジテレビ「女性作家ミステリーズ美しき三つの嘘」(16)、アニメ「ちはやふる」(11)、「ちはやふる2」(13)など多数。最新作は森絵都原作のドラマ「DIVE!!」(21)。アンドリーム所属。

2000年2月12日生まれ。東京都出身。テレビ朝日系「仮面ライダーセイバー」でヒロインを務め、「週刊プレイボーイ」のグラジャパ!アワード2020最優秀新人賞を受賞するなど、女優、タレントとして活躍。

1995年8月31日生まれ。三重県出身。『きみの鳥はうたえる』(18/三宅唱監督)、『ドンテンタウン』(19/井上康平監督)、『ヲタクに恋は難しい』(20/福田雄一監督)に出演。『ディリリとパリの時間旅行』(18/ミッシェル・オスロ監督)では声優も務めた。

1968年12月27日生まれ。兵庫県出身。1991年に大所帯バンド、モダンチョキチョキズにボーカルとして加入し、翌年キューン・ソニーよりシングル「新オバケのQ太郎」でメジャーデビュー。95年からソロ活動を開始。ナレーター、テレビドラマ、映画など、マルチな才能を発揮中。おもな出演作は『愚行録』(17/石川慶監督)、『恋は雨上がりのように』(18/永井聡監督)、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(20/田中亮監督)など。

1965 年生まれ。山梨県都留市出身。桑沢デザイン研究所にて視覚伝達を学ぶ。広告代理店勤務を経て、1999 年に株式会社ヌーヴォを設立。大手企業のプロモーション映像からミュージッククリップやCM など数多くの作品を手掛ける。2015 年、劇場公開映画『かぐらめ』で長編監督デビュー。同作は、第39 回モントリオール世界映画祭ファーストフィルム部門正式上映、第24 回セントルイス国際映画祭、Japan Film Festival Los Angels 2015 正式招待、2016 年4 月に開催されたCanada Film Festival 2016 ではRoyal Reel Winners を受賞し、新宿武蔵野館を皮切りに全国公開した。本作が長編2作目。

漫画家。2006年「おたくの娘さん」にてデビュー。代表作に「幕末ヱイリアン」、「メイデンス・オーダー」、「和太鼓†ガールズ」など。原作:孤独な優等生の環と言葉を持たないシスター特待生のマリア。マリアの真っすぐな「和太鼓」の音に惹かれて少しずつ心を開いていく環が、問題だらけの仲間たちを巻き込みながら一緒に成長していく物語。『藍に響け』は、原作「和太鼓†ガールズ」を基に、映画ならではのアレンジを加えた内容になっています。

1976年7月24日生まれ。神奈川県出身。1998年にNHK連続テレビ小説「天うらら」のヒロインを務め、第18回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞を受賞。その後、フジテレビ「救命病棟24時」、日本テレビ「最後の弁護人」、NHK大河ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語~」などのテレビドラマに出演。近年の主な出演映画は『まく子』(19/鶴岡慧子監督)、『記憶屋 あなたを忘れない』(20/平川雄一朗監督)、『罪の声』(20/土居裕泰監督)など。

2004年7月6日生まれ。長崎県出身。人気女優の登竜門として名高いポカリスエットのCMで注目を集め、資生堂、三菱パワー、積水ハウス、ワイモバイルほか多数のCMに出演。2021年3月号からは、女性ファッション誌「Seventeen」の専属モデルに新加入。NHKよるドラ「ここは今から倫理です。」や『青くて痛くて脆い』(20/狩山俊輔監督)に出演し、初舞台となる「Romeo and Juliet-ロミオとジュリエット-」ではジュリエット役を務めるなど、女優としても幅広く活躍中。

カトパンことフリーアナウンサーの加藤綾子(36)が、6日に一般男性と結婚したことを7日、フジテレビの情報番組「めざましテレビ」で発表した。

10月13日生まれ、山梨県出身。82年早稲田大学在学中に、劇団「第三舞台」で初舞台を踏む。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』(16/深田晃司監督)で毎日映画コンクール、高崎映画祭、ヨコハマ映画祭の主演女優賞三冠達成。第72回ロカルノ国際映画祭正式出品の主演作品『よこがお』(19/深田晃司監督)で令和元年度芸術選奨映画部門 文部科学大臣賞受賞。主な出演作に、『かぐらめ』(15/奥秋泰男監督)、『jam』(18/SABU監督)、『洗骨』(19/照屋年之監督)、『愛がなんだ』(19/今泉力哉監督)、『ひとよ』(19/白石和彌監督)、『影裏』(20/大友啓史監督)、『天外者』(20/田中光敏監督)など。今後も多数公開作品を控えている。

広島県出身。映画企画・プロデューサー。大阪芸術大学卒業後、フリーの助監督として活動を開始。2014年、山戸結希監督のミュージックビデオや竹内道宏監督『世界の終わりのいずこねこ』(14)にプロデューサーとして参加。以降の主なプロデュース作は、武田梨奈主演『かぐらめ』(16/奥秋泰男監督)第39 回モントリオール世界映画祭コンペティション、石倉三郎&キム・コッピW 主演『つむぐもの』(16/犬童一利監督)上海国際映画祭、萩原利久&小川紗良出演『イノセント15』(16/甲斐博和監督)韓国・全州国際映画祭、英国レインダンス映画祭、枝優花監督、保紫萌香&モトーラ世理奈出演『少女邂逅』(18)香港国際映画祭などがある。近年では、直木賞作家・道尾秀介氏原案の津田寛治・駒井蓮W主演『名前』(18/戸田彬弘監督)、趣里&菅田将暉出演『生きてるだけで、愛。』(18/関根光才監督)、清原果耶主演『宇宙でいちばんあかるい屋根』(20/藤井道人監督)、『うみべの女の子』(21/ウエダアツシ監督)などに製作参加。グラスゴー15は2017年設立。

1981年8月18日生まれ。東京都出身。真利子哲也監督の短編映画『ほぞ』(01)で映画デビュー。2017年に『ケンとカズ』(16/小路紘史監督)で第31回高崎映画祭の最優秀新進男優賞を受賞。日本テレビ「レッドアイズ 監視捜査班」、NHK大河ドラマ「青天を衝け」などのTVドラマのほか、『サニー/32』(18/白石和彌監督)、『風の電話』(20/諏訪敦彦監督)、『佐々木、イン、マイマイン』(20/内山拓也監督)など映画にも多数出演。

この作品を撮影したのは2019年の末頃でした。あれから長い時間が経ち、世の中も大きく変わりましたが、きっと今だからこそ、和太鼓を通して心と心を響かせ合うこの物語が、観てくださる皆さんの心にも響くと思います。公開延期を経て、ようやく皆さんにお届けできることを嬉しく思います。

1965年2月17日生まれ。青森県出身。1984年に劇団「WAHAHA本舗」に参加し、ソロパフォーマーとしてもTVなどで活躍。舞台、テレビドラマ、映画など幅広く活躍中。テレビ朝日「特捜9」シリーズのほか、『冷たい熱帯魚』(10/園子温監督)、『友達のパパが好き』(15/山内ケンジ監督)、『よこがお』(19/深田晃司監督)、『なんのちゃんの第二次世界大戦』(20/河合健監督)など、個性派俳優として多くの作品に出演。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*