2021最新 瀬戸大也 事務所

2021最新 瀬戸大也 事務所

瀬戸はすでに東京オリンピック出場を決めているが、自らの不祥事で活動を停止している間に、しのぎを削る好敵手が復活してしまうとは耳が痛い話。

一方、瀬戸に対する声は厳しい。「奥さんにしゃべらせて本人はだんまり」「何も語らない瀬戸大也を応援する気になれない」「自分のケツくらい自分で拭けよ」などの声が聞こえてくる。

すでに代表には内定しているとはいえ、自らの不貞行為で地獄を味わった瀬戸。水泳選手である瀬戸ができることは、水中で誰をも納得させる圧倒的な泳ぎを見せるしかない。

〝不倫〟瀬戸大也「競技に集中」会見せずに2・4カムバック…吉と出るのか? きちんと協会を通じて会見するべき。人間性を疑う。国の税金も競技者には使われている。競技以外のところで使用したというのであれば、説明が必要。国民は納得しない。子供も持っている大人なのだから説明できるはず。

小学生時代から水泳の全国大会出場経験があり、個人メドレー・バタフライ・自由形平泳ぎ・背泳ぎと全ての泳法での優勝経験を持つ。中学2年次には、全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会男子400m個人メドレーにて当時の日本中学新記録で萩野公介選手を破り優勝。2011年短水路シーズンではW 杯欧州でブレーク。翌年のロンドン五輪出場は惜しくも逃すがその悔しい経験がバネとなり、その年のW杯6大会連続優勝。さらに世界短水路選手権でも金メダルを獲得し、2013年世界水泳バルセロナでは世界王者となる。2014年から、本格的に取り組み始めた200mバタフライでも世界の頂点を狙える位置に付け、世界短水路では400m個人メドレーで2連覇を達成。2015年第16回世界水泳選手権大会にて400m個人メドレーにて日本人初の2連覇を達成し、リオ五輪代表に内定。また2016年日本水泳選手権大会にて200mバタフライで優勝し、さらに派遣標準記録を突破したことにより同種目でもリオ五輪代表に内定。2016年リオ五輪では400m個人メドレーで銅メダルを獲得し、また200mバタフライでも5位に入賞する。2017年早稲田大学を卒業。同年4月全日本空輸と所属契約を結ぶ。第17回世界水泳選手権大会にて3連覇を逃すものの、400m個人メドレー・200mバタフライで銅メダルを獲得した。2019年、第18回世界水泳選手権大会にて、400m個人メドレー・200m個人メドレーの2種目で金メダルを獲得し、2020東京五輪内定。200mバタフライでも銀メダルを獲得した。世界水泳にて通算4個のメダル獲得は日本人最多。2021年第97回日本選手権水泳競技大会にて200mバタフライでも派遣標準を突破し東京五輪に内定。2021年に開催される東京オリンピックでのメダル獲得を目指す。

夫である瀬戸大也の代わりに妻は何を語るのか。その言動に注目が集まっている。

優佳さんはどこまで夫に対して献身的なのだろうか。復帰を決めた瀬戸には競技に集中してもらい、周りの雑音は自分が一手に受け止めようという、強い気持ちが伝わってくる。

瀬戸は2月に公式戦へ出場するにあたり、マネジメント会社を通じて、「昨年は、私の行動で多くの方々にご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。処分中に家族、水泳連盟、JOC、その他沢山の方々とお話をさせていただき自分を振り返ることで、いかに自分が恵まれた環境にいて身勝手な考えをしていたかを痛感しました」とコメント。

中学時代にボクシングを始める。南京都高校( 現:京都廣学館高等学校) で、高校5 冠を達成。2004年に東洋大学に進学し、全日本選手権で優勝。北京オリンピック出場を逃し、現役を一度引退。2009年現役復帰後、2011年世界アマチュアボクシング選手権 準優勝。2012年ロンドンオリンピック ボクシングミドル級 金メダル。2013年4月プロテストを受け、特例でA 級ライセンスを取得。同年8月25日にプロデビュー戦で東洋太平洋ミドル級チャンピオンを2RTKOで破り、鮮烈なデビューを飾る。その後、日本だけでなく米国・中国といった海外でも試合を行い連勝を重ねる。2017年5月初めての世界挑戦では惜しくも破れたが、同年10月リマッチを行い日本人では初めてとなるオリンピック金メダリストでの世界王者を獲得した。

しかし、本番ではまさかの予選敗退で、体操の個人総合で2大会連続で金メダルを獲得した内村航平選手も、24日に個人枠で出場した種目別の鉄棒でまさかの落下で予選敗退、内村選手にとっての東京五輪は終了となりましたが、瀬戸大也選手は金メダル候補と言われていただけに、決勝進出を逃すというのはかなりの衝撃です。

瀬戸大也選手は400m個人メドレーを最も得意とし、これまで世界水泳など複数の大会で連続で金メダルを獲得しており、2016年のリオデジャネイロ五輪では銅メダルを獲得、2019年には25mプールの短水路で世界新記録(3分54秒81)を樹立し、同年の世界水泳では200mと400m個人メドレーで2冠を達成しました。

え、瀬戸大也、何自分に都合のいいこと言ってんの?何きれいごとにしようとしてんの?

【関連】吉岡里帆が真冬に“丸出し”透けバスト披露「もう脱ぐしかない」芸能界引退の瀬戸際?

一連の騒動を受け、所属事務所を通じて謝罪の言葉を述べた瀬戸だが、会見が行われることはなく雲隠れしてしまう。

不倫騒動で活動が制限される中、練習は続けてきたという瀬戸だが、どこまで調子を戻しているのだろうか?今回復帰を果たしたとしても、その実力によっては瀬戸にもうポジションがない恐れもある。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*