2021最新 瀬戸大也 学歴

2021最新 瀬戸大也 学歴

Profile瀬戸大也(せとだいや) 1994年埼玉県生まれ。埼玉栄高校から早稲田大学を経て、現在はANA(全日本空輸)に所属。世界水泳での金メダル2個ほか、国際大会で多数のメダルを獲得している。174㎝、75㎏。

瀬戸は、平日の昼下がり、都内の自宅から高級外車で近くのコンビニエンスストアまで移動すると、そこで女性と合流。そのままラブホテルに直行してふたりで過ごすと、またもとのコンビニで別れて帰宅。すぐに国産車に乗り換えると、ふたりの子どもを迎えに保育園に向かった。その一部始終が写真付きで先月、週刊誌で報じられていた。瀬戸は2017年に飛び込み選手だったいまの夫人と結婚している。ホテルに入ったのは、それとは別の女性だ。

7月に韓国で開催される世界水泳への重要なステップとなる競泳ジャパンオープン。日本競泳陣で注目を集めるのは、4月の日本選手権で200mバタフライ、200m個人メドレー、400m個人メドレーの3冠制覇を達成した瀬戸大也だ。

瀬戸大也「完璧に練習積めた」金メダルの可能性、100%に「めちゃくちゃ近づいています」

一時は水泳に対するモチベーションが下がったものの、萩野がロンドン五輪で銅メダルを獲得する姿に刺激を受けて再起し、2013年の世界水泳400m個人メドレーで萩野らに競り勝ち金メダルを獲得。2015年の世界水泳でも同種目で優勝し、日本人初の2連覇を成し遂げた。だが、2016年のリオデジャネイロ五輪400m個人メドレーは銅メダルに終わり、金メダルに輝いた萩野の陰に隠れた存在という感は否めなかった。

出場が内定していた瀬戸大也選手を熱心に応援していただけに、この騒動のおかげで、だいぶ迷惑を被っているようです。

ですが、今回の瀬戸大也選手の不祥事でスポンサーであるANAから契約解除、味の素の広告契約も打ち切られてしまいました。

瀬戸大也、読み間違えたハイレベル決勝ライン 余力十分も9位に「自分の失敗を反面教師に…」

5歳で水泳を始めた瀬戸には常に強大なライバル・萩野公介が立ちはだかっていた。小学生時代は10個もの学童新記録を樹立した萩野に圧倒され続けた。中学2年時のジュニアオリンピック400m個人メドレーで萩野に勝ち、やっと肩を並べたが、高校3年時の日本選手権では200m・400m個人メドレーで萩野らに敗れ、ロンドン五輪の出場権を逃してしまう。

競泳の東京五輪代表・瀬戸大也の妻・優佳さんが2日までに自身のインスタグラムを更新し、飛び込みプールでの最新ショットを公開した。

馬淵優佳さん 夫・瀬戸大也は精神面も規格外!?「レース前日に興奮して鼻血を…」

予選落ちの瀬戸大也、策に溺れた…決勝へ向け体力温存、自由形で力抜き「最後の自由形で読み間違えた」

そして、味の素の公式サイトでは9月24日から瀬戸大也選手の出演するCM動画が閲覧できない状態となります。

そういったことから考えると瀬戸大也選手の年収も1億円くらいはあるのではないかと思います。

馬淵優佳さん 夫・瀬戸大也へのサポートきっかけは「残念」だった銅メダル「東京五輪では金を」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*