2021最新 内村航平スポンサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平スポンサー

体操男子で東京五輪代表に決まった内村航平(ジョイカル)が9日、寝具メーカー「エアウィーヴ」とスポンサー契約を結んだ。6日終了の全日本種目別選手権で4大会連続の五輪切符を手にした日本の第一人者は、東京都内で行われた記者会見で「4大会目が一番頑張って代表権を獲得したと思う」と語った。
日本体操界初のプロ選手の内村は計6種目で争われる個人総合で五輪2連覇を成し遂げたが、東京五輪には種目別鉄棒に専念して個人枠で出場する。普段から同社の寝具を使っているそうで「毎日の睡眠を大事に、一日一日の練習を大事に、東京五輪まで残りわずかなので日々頑張っていきたい」と話した。

新しい車の乗り方を提案する株式会社ジョイカルジャパン(本社:東京都品川区/代表取締役CEO中村靖弘)は、2017年6月よりスポンサー契約を結んでおりますプロ体操選手の内村航平選手と、この度2021年3…

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。

体操男子の種目別鉄棒で東京五輪代表となった内村航平(ジョイカル)が9日、寝具メーカー「エアウィーヴ」とスポンサー契約を締結すると発表された。同日は都内で調印式に出席。自身にとっての睡眠の重要性を語るとともに、ある論文を読んだことが同社の寝具を使うことになったきっかけの1つであることを明かした。
スーツ姿で調印式に登場した内村。東京五輪代表に決まったばかりとあり「すごく疲れていまして。ベッドもありますし、少し休みに来た……というわけではないのですが(笑)。今日は1日よろしくお願いします」と冗談を交えてあいさつした。
同社の寝具は2012年から使用しており、16年リオ五輪の際も愛用。東京五輪でも選手村に1万8000床が供給されており、普段と同じ睡眠環境が用意されることになる。「環境を変えずにできるのは凄く良い事」と歓迎した内村は「毎日体を動かしているので、疲れを(睡眠で)とらないと持ち越してしまう。ルールを自分で作って、絶対に8時間寝るようにしている」と語った。
エアウィーヴの寝具を使用するようになったきっかけは、同社を訪問した際にある論文を読んだことも1つにあるという。米スタンフォード大と同社の共同研究で、睡眠時にエアウィーブを使用した場合の方が40メートル走、立ち幅跳び、俊敏性テストのいずれにおいても好数値が記録され、運動パフォーマンスが向上することが証明された論文だった。
「魅力的な論文だった。パフォーマンスがあがるなら『これしかないでしょ』という感じで、選ばせていただいた。ナショナルトレーニングセンターにも入っていると聞いたので、環境を変えたくないというのが(使用を決めた)一番の理由」
五輪出場は4大会連続で、これまで計7つのメダルを獲得している。「心強いサポートを受けられることになった。毎日の睡眠を大事に、五輪まで残り僅かなので日々頑張っていきたい」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*