2021最新 内村航平東京オリンピック内定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平東京オリンピック内定

内村選手が目指すのは、団体4人の枠ではなく、国内選考においてたった一つ与えられている種目別での代表枠。大きなミスが一度でも出たら代表選考から脱落する過酷な戦いです。

2020年、プライドを捨ててスペシャリストへ「金メダルを取るための道筋を自分は知っている」

内村航平 受験生にエール「努力をすれば必ずかなう」

体操の全日本種目別選手権が6日、東京オリンピック(五輪)の日本代表決定競技会を兼ねて群馬・高崎アリーナで決勝が行われ、男子の内村航平(ジョイカル)が鉄棒で15・100点をマークし、個人枠での五輪代表に内定した。4大会連続の五輪代表。

個人枠の代表争いは、日本体操協会が作成した「世界ランキング」と代表選考会での選手の得点を比較し、5~40のポイントに換算。最も多い合計ポイントを獲得した選手が選ばれる。内村は跳馬の米倉英信(徳洲会)と合計ポイントで並んだが、世界ランク4位を超える得点の差の合計で上回った。

代表内定後、内村選手の表情はうれしさよりも複雑さが勝るものでした。

宮司愛海アナが見てきた内村航平選手の苦悩。心の変化を感じた「言葉」

ミスの許されない戦いが続く中、翌月のNHK杯でも15.333という高い得点で40ポイントを獲得。2大会を終えた時点で、内村選手の持ち点は合計110ポイント(NHK杯終了時に全日本選手権予選のポイントが30に変更)となりました。

体操男子予選で種目別鉄棒に専念した内村航平(ジョイカル)は途中で落下して13.866点にとどまり、決…

【東京五輪】“終戦” 内村航平へ体操新エース橋本大輝「僕が金を取って航平さんの首にかけたい」

6月。内村選手のある決断が、日本中を驚かせます。

後編となる今回は、激動の2020年、そしてオリンピック出場の切符を掴むまで。

結果、タイブレークという選考基準で内村選手が種目別の代表権を獲得。わずか0.001点が勝敗を左右する代表選考の厳しさを目の当たりにした瞬間でした。

2019年、悪夢の予選落ち。「オリンピックは夢物語」それでも、必死で立ち上がり、体操と向き合った日々。「夢物語から夢へ」

会場内のインタビューで、率直な心情を吐露した内村選手。死に物狂いで目指してきた代表権を掴んだにも関わらず、口から出るのは反省の弁。史上最高の体操選手・内村航平のアスリートとしての凄みを感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*