2021最新 内村航平跳馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平跳馬

跳馬・米倉 「ヨネクラ」は“60点”も決勝へ気合 内村との種目別代表1枠争い「食らいついていく」

ロペスの着地で大きなミスが出た。
得点は13.200点。

男女決勝が行われ、鉄棒の内村航平(ジョイカル)が15・100点で2位になり、東京五輪代表に決まった。日本協会が作成する世界ランクに応じて与えられる選考ポイントの合計で跳馬の米倉英信(徳洲会)と並んだが、世界ランク4位を超える得点差の和で上回った。体操ニッポンで4大会連続の五輪出場は1964年東京大会で日本選手団主将を務めた小野喬以来、史上2人目となる。

瀬戸、200メートル個人メドレーで復調に満足「最後に公介をさせたのは良かった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*