2021最新 内村航平 オリンピック 名言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平 オリンピック 名言

レース直後、「今まで生きてきたなかで、一番幸せです」という本人のコメントも多くの日本人の記憶に刻まれているはずだ。1996年アトランタ五輪では平泳ぎの100メートルと200メートルに出場したものの、メダルには届かなかった。現役引退後の2010年にはユースオリンピックの競泳日本代表コーチを務めた。

1992年7月27日、数日前に14歳になったばかりの少女は競泳女子の200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した。2分26秒65は当時のオリンピック新記録で、その快挙は世界中を驚かせた。14歳6日でのメダル獲得は日本人選手としての最年少記録だった。

1994年生まれの羽生は現在25歳。前人未到のオリンピック3連覇も十分に期待できる。

次に、「日本人オリンピアンで最も金メダルを獲得した選手」と称賛される体操の加藤沢男が選出された。1968年のメキシコシティー大会でオリンピック初出場を果たした加藤は団体総合、個人総合などで金メダルを獲得。次大会の1972年ミュンヘン大会でも団体総合、個人総合で連覇を達成。その他にも平行棒など3つのメダルを獲得している。そして、1976年モントリオール大会では個人総合で銀メダルとなり個人での3連覇こそ逃したものの、団体総合では金メダルを獲得し3連覇を成し遂げている。

2018年に発表された卓球女子の世界ランクでは7位につける。19歳で迎える2020年の東京五輪での活躍も見込まれ、再び十代の日本人メダリストとなる可能性は十分にある。

2016年秋から全日本女子バレーボールの監督を務める中田久美は、またたく間にオリンピックの舞台に立った。中学2年生の時に「LAエンジェルス」というクラブでキャリアをスタートさせると、英才教育のなかですぐに才能を開花させ、中学3年生で全日本代表に抜てきされた。

15歳で参加したロサンゼルス五輪の競泳では2つの金メダルを獲得している。競泳の100メートル自由形で58秒2を記録。ジョニー・ワイズミュラー(アメリカ)が持つオリンピック記録を更新してみせた。朝日新聞は「我が宮崎選手は必死となつて肉薄してくるアメリカのトリオを退け堂々と一着を占め」たと報じた号外を出している。

続いては、女子レスリングの伊調馨の名が挙げられている。「伊調はリオデジャネイロオリンピックで、個人としてオリンピック4連覇を成し遂げた初めての女性」と称されている。男子を含めてもオリンピック4連覇を達成した選手は少なく、競泳200メートル個人メドレーで達成したマイケル・フェルプス(アメリカ/2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)、陸上の走り幅跳びで成し遂げたカール・ルイス(アメリカ/1984年ロサンゼルス、1988年ソウル、1992年バルセロナ、1996年アトランタ)、陸上・円盤投のアル・オーター(1956年メルボルン、1960年ローマ、1964年東京、1968年メキシコシティー)、セーリングのベン・エインズリー(イギリス/2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドン)セーリングのポール・エルブストローム(デンマーク/1948年ロンドン、1952年ヘルシンキ、1956年メルボルン、1960年ローマ)の5人となっており、伊調が6人目の選手となった。

タモリ「今の世の中頑張れって言い過ぎ」有働アナとの対談で名言連発「頑張ると疲れる。疲れるとやっぱり続かないですよ」

清風中学時代には、1年生だけのメンバーで中学校体操競技選手権大会の団体優勝を果たすなど、早くから注目を集めていた。清風高等学校の2年次にはインターハイの個人総合で優勝。同年の1987年には全日本選手権に出場して、個人総合で3位、種目別の「ゆか」で優勝という結果を残し、オリンピック行きのチケットを手にした。

前人未到のオリンピック5連覇に挑んだが川井梨紗子に敗れて世界選手権の出場を逃し、その後東京オリンピック出場の夢が絶たれてしまった。

オリンピックにおけるメダル獲得数が、体操に次いで多い柔道からも「偉大なオリンピアン」が選ばれている。1964年東京大会で正式種目となった柔道は、これまで84個のメダルを獲得。そのうち39個が金メダルで、頂点に立った回数では体操を抜いて1位となっている。

4大会のオリンピックに出場した北島は、4つの金メダルを含む計7つのメダル獲得を成し遂げている。

1996年のアトランタ五輪でも銀メダル。2000年のシドニー五輪では「最高でも金、最低でも金」という意気込みで戦い、見事金メダルを獲得した。2003年12月にプロ野球選手の谷佳知(よしとも)と結婚し、谷亮子として臨んだ2004年のアテネ五輪でも金メダリストとなった。

体操男子日本代表の内村航平(32=ジョイカル)にインタビューした際、「オリンピックは無くなるということは言い方は悪いけど、死んでしまうぐらい残念だ。命をかけて臨む、死んでもいいってぐらい掛けてオリンピック臨む」と話していたことに触れ、「世界でメダルを狙うって言うのはその覚悟がないとやれないし、その思いでオリンピックの中のたった1日にかける。そういうことも取材していると、毎日、日本の選手だけでなく、世界の選手がいろいろな背景を背負ってプレーするので、これはこれで、素直に見て、楽しんだり、興奮して、泣いたり、笑ったりしていいと思うんですよね」と続けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*