2021最新 内村航平 オリンピック 成績

2021最新 内村航平 オリンピック 成績

五輪連覇の個人総合ではなく種目別の鉄棒に絞って東京五輪の金メダルを狙う内村航平(ジョイカル)が、夢舞台へ前進した。

◆東京オリンピック(五輪)ソフトボール1次リーグ日本1-×2米国(26日、横浜スタジアム)日本は北京五輪金メダルメ…

◆東京オリンピック(五輪)ソフトボール1次リーグ米国2x-1日本(26日、横浜)日本がサヨナラ負け。27日の決勝でも対戦する米国との直接対決に敗れ、4勝1敗の2位で1次リーグを終えた。ともに4戦…

◆体操全日本種目別選手権予選(5日、群馬・高崎アリーナ)演技を重ねるごとに、王者のすごみを取り戻している。内村は選考対象の4回目の試合で初めて、課題に挙げ続けてきた着地を完璧に決めた。地面に吸い…

4度目の五輪 予選落ちの内村インタビュー「準備してきたものを出せなかったのは本当に悔しい」

◆東京オリンピック(五輪)ソフトボール1次リーグ米国2x-1日本(26日、横浜)日本がサヨナラ負け。27日の決勝でも対戦する米国との直接対決に敗れ、4勝1敗の2位で1次リーグを終えた。先発の藤田…

最重要視してきた団体での出場を諦めるのは「すごく勇気が要った」が、試しに鉄棒の練習に専念してみると、肩の痛みがうそのように治まった。約2か月後、決意を固め、鉄棒のスペシャリスト・内村が誕生。代表選考会で五輪金メダル級の演技を繰り返し、たった一つの個人枠をつかみ取った。

戦いを終えた内村は、悔しい表情を浮かべたが冷静に振り返った。開口一番、「(代表選考で戦った)米倉に土下座して謝りたい。そんな気持ちです」。そして、「(心)ここにあらずで演技を見ていた。体操するのはもういいかなと思ってしまった。後輩たちに伝えていく立場(になる)」と正直な気持ちを語った。

社会人アメリカンフットボールのX1エリア西日本トーナメントの1回戦2試合が1日、神戸市王子スタジアムで行われ、みらいふ福岡が34-20でアズワンを破って決勝進出を果たした。14日に大阪府吹田市の…

「歴史に名を刻めるような演技、名場面を残せればいい」。過去3大会で金3個を含む7個のメダルを獲得し、「キング」と呼ばれる体操男子の内村航平(32)(ジョイカル)が24日、自身最後と決めている東京五輪への思いをオンライン記者会見で語った。

映像などで演技を見届けているファンに対して、改めて「土下座しますよ!」と話した内村。「もう僕は主役じゃない。主役は団体4人と亀山。僕は五輪2連覇してるけど過去のこと。彼らが超えていかないといけない。それを見せてもらった」と話した。

◆東京オリンピック(五輪)ソフトボール1次リーグ米国2x-1日本(26日、横浜)日本がサヨナラ負け。27日の決勝でも対戦する米国との直接対決に敗れ、4勝1敗の2位で1次リーグを終えた。初回に相手…

男子予選が行われ、種目別鉄棒に絞って出場の内村航平(ジョイカル)は、ひねり技でまさかの落下。13・866点で予選敗退が決まった。日本人4番手となり、内村の4度目の五輪挑戦は、まさかの終わりを告げた。

東京オリンピック、体操は男子予選が行われ、種目別の鉄棒で金メダルの期待がかかった内村航平選手は、鉄棒で落下して、決勝進出はなりませんでした。

冒頭のH難度「ブレトシュナイダー」を決め、カッシーナ、コールマンなど離れ技をミスなくこなし、着地までまとめて15・466点をマーク。1位となった。
「体力がしんどかったが、演技構成自体が体にしみこんでいる。何も考えずにできた。(NHK杯に向けて)着地の感覚がまだ良くなってこない。重点的につめていければいいかな」と、演技について振り返った内村。五輪については「あまり考えていない。自分の演技でいっぱいいっぱい。結果もなんとなーくついてきている。五輪の選考会とか、やらないといけないとか、全然思っていない。その辺に関しては楽に考えている。やるべきことをやらないといけないというのが自分の中にある」と語った。
種目別の国内選考は全日本選手権の種目別トライアウト(16、18日)、5月のNHK杯(長野)、6月の全日本種目別選手権(群馬)の予選&決勝の計5演技で行われる。各種目の各演技で日本協会が作成する世界ランクで1位かつ0・2差以上のスコアに40点、1位30点、2位20点、3位10点、4位5点とポイントを与え、合計ポイントのトップが代表に。鉄棒の世界ランク1位のスコアは現時点で14・933点となっている。
内村のターゲットスコアは14・933点を0・2点上回る15・133点。15・166点をマークした16日に続き、この日もクリアした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*