2021最新 内村航平 チョコレート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平 チョコレート

体操男子日本代表は、「(金5、銀4を獲得した)1964年の東京を超えるような大会にしよう」という意味を込めて「Beyond 1964」というスローガンを立てた。内村自身も団体優勝を目指していたリオでは「(団体で金メダルを獲得した)アテネの冨田洋之さんの着地を超えたい」とずっと言っていたが、それが無理であることを実感した。

5月20日に東京体育館で行われたNHK杯の男子の個人総合で、内村航平選手が大会10連覇を達成しました!

過去には、試合観戦中にマーブルチョコを持っていたこともありました。

ちなみに内村がロンドン五輪で金メダルを獲得した際には、会場にいた周子さんから、ブラックサンダーを投げ渡されている。

これについて張本氏は「時の流れだね。鉄棒の名人と言われた内村が落下しますか…。びっくりしたね。それと後輩に気を遣って、2番手の米倉が出ても良かったんだけど。いい指導者になるなぁ、内村は」と今後の活躍に期待した。

リオデジャネイロ五輪の男子体操個人総合で44年ぶりの連覇を達成し、団体に続いて2個目の金メダルを獲得した内村航平(27)が「大好き」と公言するお菓子がある。クッキーとビスケットをチョコレートで包んだ「ブラックサンダー」だ。人気薄による販売停止を乗り越え、8年前の内村の発言をきっかけに注文が殺到し、年間の販売数は1億個を突破した。製造元の有楽製菓(本社・東京都小平市)のマーケティング課長、伊藤大介さん(39)は「全社員で内村選手を応援している」と話す。

そんな試合後に内村航平選手は、何かを配っていたのが気になってしまったので調べてみました。

このままでは東京2020大会への出場は夢物語。残された選択肢は、種目を絞るしかなかった。だが、なかなか踏ん切りがつかない。ずっとオールラウンダーとしてやってきて、「6種目やってこそ体操」というこだわりがあったからだ。それを捨て去るのは、これまでの自分と決別することを意味する。ただ、佐藤寛朗コーチから「もがいて苦しんでオリンピックに出られないより、確実に気持ち良く行けた方がいいんじゃないか」と言われ、視界が開けた。

ということで、今回のNHK杯で食べていたチョコレートの種類までは分からずでしたが、やはりチョコだと思われます。

4回目の出場権は、薄氷を踏む思いで勝ち取ったものだ。約9年間続いた個人総合での連勝記録が「40」で止まったのは2017年の世界選手権。跳馬の着地で左足首を負傷し、棄権した。長く酷使してきた肉体は悲鳴を上げており、右足首を痛めた2018年は世界選手権で個人総合の出場を断念。両肩をケガしていた2019年は全日本選手権でまさかの予選落ちを喫し、2008年以降初めて日本代表から落選した。

「何かを超えるってやはり難しいんです。1964年の東京はそのときの東京ですし、2021年の東京は今回にしか出せないものがある。だから僕は今のこのチームで新しい歴史を築くような演技や、名場面を自分たちで作っていければいいんじゃないかと思います」

鉄棒に絞ったのは、痛めていた両肩への負担が少なかったことに加え、2015年の世界選手権で金メダルを獲得するなど高得点を取れる種目だったことが大きな要因だ。リオ2016大会の個人総合でも最後の鉄棒で着地をぴたりと止め、オレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)を逆転したシーンは、記憶に新しい。

5月20日に行われた体操・NHK杯で、内村航平選手が優勝!前人未到の10連覇を飾り世界選手権代表に決まりました。

競技を終えた内村は、代表の座を争った米倉英信について「土下座して謝りたい」ともコメントしていた。

張本勲氏、予選敗退の体操・内村航平選手にエール 「良い指導者になる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*