2021最新 内村航平 ブレットシュナイダー

2021最新 内村航平 ブレットシュナイダー

本大会は、オリンピック2大会連続金メダルの内村選手など日本、アメリカ、ロシア、中国の4カ国から30人の選手が参加し、コロナ禍の厳重な感染予防対策の中で開催された。

内村航平とぼくとではレベルは違うけれども、ラベルは結構一緒だなと思いましたね。

内村航平大技成功で東京五輪出場へ最終調整「カギはブレットシュナイダー」

「鉄棒」でH難度の大技・ブレットシュナイダーや、G難度・カッシーナなど4つの離れ技を成功させ、15.2という高得点を出した内村の演技にも注目だ。

内村航平の4度目の五輪は思わぬ形で幕切れとなった。24日、体操男子予選の鉄棒。2016年リオデジャネイロ五輪まで5大会連続で日本代表コーチを務め、内村がプロに転向するまで5年ほど指導したコナミスポーツ体操競技部ヘッドコーチの森泉貴博さん(50)は「ミスなく演じれば、金メダルの可能性は十分にあった」と残念がった。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*