2021最新 内村航平 リオ五輪 インタビュー

2021最新 内村航平 リオ五輪 インタビュー

◆17年10月 世界選手権(モントリオール)の個人総合予選の跳馬で左足を負傷し途中棄権。09年から続いた史上最多の連覇記録が「6」で止まる。国内外の大会を含め、連勝も「40」で止まる。

◆同9月 全日本シニア選手権で1年ぶりの再起戦に臨み、鉄棒で14・200点の6位。新技「ブレトシュナイダー」では連続技につなげられず。「悔しい気持ちが8割、1割はどうしてなんだろう、もう1割はしょうがないか、という気持ちですね」。

◆20年3月 創設した「KOHEI UCHIMURA CUP」(高崎アリーナ)がコロナ禍で中止に。

内村は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪の個人総合金メダリスト。両肩痛などの影響で昨年、鉄棒に専念することを決断した。4大会連続の五輪出場を果たしたが、演技途中に落下した。「僕は競技が好き。引退することが終わり方の正解というのは違うかなと思う。引退宣言する必要があるのかなと最近思う」と持論を述べた。

同日夜にグリーンアリーナで行われた「体操ニッポン2016エキシビション」では、華麗な演技を披露した選手の皆さん。
2020年東京五輪に向けて、広島県でも応援していきましょう!

今回のゲストは、2人のリオオリンピック・メダリスト。それぞれが過ごしてきた3年間とは?

試合では動じることなく堂々とした演技を見せる選手たちも、多くの記者に囲まれて少々緊張気味のようすでしたが、知事からリオ五輪の感想を聞かれた内村選手は「五輪出場は3回目でしたが、遠かったので2回目はあまり行きたくない」と笑いを誘う場面もありました。

ワールドカップバレー2019開幕直前SP女子日本代表のエース3人揃ってのインタビュー!プレーから素顔まで、余すところなく魅力をお伝えします!!

県職員から熱烈な歓迎を受けたのは、体操男子団体総合で金メダルを獲得した内村航平選手、白井健三選手をはじめ、女子体操、新体操、トランポリンの日本代表17選手。
内村選手から知事に体操ニッポンの記念Tシャツと全選手のサイン色紙がプレゼントされ、最後は全員で記念撮影を行いました。

◆同7月 写真投稿サイト「インスタグラム」の国際オリンピック委員会(IOC)の公式アカウントで開かれた1年前企画で、ライブ中継に登場。「このまま6種目をやってても、五輪が現実味を帯びてこないなと。鉄棒なら確実に五輪を目指せる自信があった。痛みなく五輪にいけるほうがいいかなと思って決断しました」と説明。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*