2021最新 内村航平 リオ 動画

2021最新 内村航平 リオ 動画

通常、空中で回転を加えると遠心力に耐えられず足先が乱れてしまうが、内村の演技はH難度の超大技でも乱れない。
演技の質は点数にも反映され、昨年の全日本選手権では技の美しさを現すEスコアがトップだった。

東京五輪の体操は、団体総合に臨む4人とは別に、種目別の個人枠も設けられている。男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=は鉄棒に絞ってこの枠で…

2020年から1年延期された東京五輪の開幕まで2カ月を切った。新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、開催に否定的な見方は広がる一方だ。選手たちも複雑な思いを抱えて競技と…

先日行われた全日本選手権の演技後、S-PARKのメインキャスター・宮司愛海が内村にインタビューを行った。

体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合のNHK杯は16日、長野市ビッグハットで男子が行われた。個人枠で五輪出場を目指す内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=は専念す…

「内村航平」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

男子日本代表の水鳥寿思監督は「他の選手とは全く違う次元のもの。ブレットシュナイダーでここまで足をつけて演技ができるのは内村選手だけだと思う」と、乱れることのない美しい足先を絶賛した。

バーを確認してからキャッチするまでの身体の動きが、内村にしか出せない異次元のひねりの速さで、再びバーをつかみに行く瞬間の余裕を作り出しているという。

7年前のロンドンについて「今思えば、通過点だった」と振り返る。3度の五輪で最も印象に残っているのは、団体と個人総合の2冠を達成したリオ大会。「自分が一番ほしい団体の金メダルが取れた。(0・099点差で)連覇した個人も、歴史に残るような戦いが見せられたのは、すごく大きかった」

そんな内村が代表入りを目指す個人枠は、6種目でたった1枠という狭き門(今後の大会開催の状況で2枠となる可能性あり)。

◆体操NHK杯開幕前日会見(14日・長野市ビッグハット)体操男子個人総合で五輪2連覇し、東京五輪は種目別鉄棒での出場を目指す内村航平(ジョイカル)がオンラインで取材に応じ…

「決勝のブレットシュナイダーのでき」を宮司キャスターが問うと、内村は「50点。まだ映像を見ていないのでよくわからないですけど、やっている感覚としてはあまりよくなかった」と語る。

底が知れない内村の探究心。
内村の現在地について水鳥監督は「個人枠の1枠を獲得するというところでは、トップ争いをしていると思います。今のところは内村選手か米倉選手か」と話す。

2回宙返りする間に、2回ひねりを加えるH難度の超大技。世界で数名の選手が成功させているが、内村には唯一無二の強みがある。

◆体操全日本種目別選手権(5日開幕、群馬・高崎アリーナ)男子個人総合で五輪2連覇中で、種目別体操に絞って東京五輪代表を目指す内村航平(ジョイカル)がオンラインで取材に応じ…

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*