2021最新 内村航平 リンガーハット

2021最新 内村航平 リンガーハット

2021年1月12日現在では、まだまだ体操に取り組む姿勢を示していて、「引退」の言葉はありませんが引退は近くなっていることは考えられます。

内村選手の今後について知りたいですよね。

ところで、東京オリンピックの出場はどうなるのか気になり、調べました。

同社はホームページにて「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断ながら、2020年12月31日をもって継続を断念したことをお知らせいたします」と説明。内村と同社は、2017年3月1日に所属契約を締結した。

体操男子で鉄棒に専念し、東京五輪出場を目指す内村航平(32)と、リンガーハットとの所属契約が終了したことが12日、明らかとなった。同社が発表した。

体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平(32)と所属契約を結んでいた外食チェーンのリンガーハットは12日、新型コロナウイルスの影響による業績悪化を受け、2021年末までだった契約を昨年12月末で終了したと発表した。

体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平と所属契約を結んでいた外食チェーンのリンガーハットは12日、新型コロナウイルスの影響による業績悪化を受け、2021年末までだった契約を昨年12月末で終了したと発表した。
内村は16年リオデジャネイロ五輪後に日本体操界初のプロ選手に転向し、17年3月に出身地の長崎県で創業したリンガーハットと契約を結んだ。同社は「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断ながら、継続を断念した」と説明した。
32歳の内村は故障の影響などから、種目別鉄棒に絞って東京五輪代表を目指している。

内村は16年リオデジャネイロ五輪後に日本体操界初のプロ選手に転向し、17年3月に出身地の長崎県で創業したリンガーハットと契約を結んだ。同社は「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断ながら、継続を断念した」と説明。契約金は5年総額4億円とも報じられていた。

ですが、まだ内村航平選手は32歳です。

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。

内村は故障の影響などから、種目別鉄棒に絞って東京五輪代表を目指している。自身のフェイスブックに「プロ転向してから今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝しています」とつづった。

【お知らせ】新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。この度リンガーハットとの所属契約が終了し、2021年からはリンガーハットの所属ではなくなります。リンガーハットさんには、プロ転向してから今までの4年間サ…

体操選手の内村航平選手所属のリンガーハットが内村選手との契約継続を断念しました。

内村は自身のSNSで、リンガーハットに「プロ転向してから今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝しています」と謝辞を述べ、「現在コロナの状況はとても厳しいですが、引き続き感染対策をしながら体操を頑張ってまいります」と決意を述べた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*