2021最新 内村航平 演技 動画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平 演技 動画

「2017年から2019年の年末までは、ずっときつかったですね。この年齢で新しいケガをすると、元の体に戻すには時間が相当かかる。どれだけ頑張っても戻らなくて、練習をしないといけないのに、その練習が逆にダメージになっていました」

◆体操NHK杯開幕前日会見(14日・長野市ビッグハット)体操男子個人総合で五輪2連覇し、東京五輪は種目別鉄棒での出場を目指す内村航平(ジョイカル)がオンラインで取材に応じ…

東京オリンピック、体操は男子予選が行われ、種目別の鉄棒で金メダルの期待がかかった内村航平選手は、鉄棒で落下して、決勝進出はなりませんでした。

【7月24日 AFP】東京五輪は24日、体操男子予選が行われ、内村航平(Kohei Uchimura)は鉄棒で予選落ちに終わった。

体操の東京五輪代表最終選考会を兼ねた全日本種目別選手権最終日は6日、群馬県の高崎アリーナで各種目決勝が行われ、男子個人総合で五輪2連覇の内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早…

体操男子日本代表は、「(金5、銀4を獲得した)1964年の東京を超えるような大会にしよう」という意味を込めて「Beyond 1964」というスローガンを立てた。内村自身も団体優勝を目指していたリオでは「(団体で金メダルを獲得した)アテネの冨田洋之さんの着地を超えたい」とずっと言っていたが、それが無理であることを実感した。

ここから内村選手の快進撃が始まります。

この時の合計点は、92.365という前年に続く超高得点でした。恐らく2013-2016年のルールでの最高得点と思われます。
しかし、2位のベルニャエフ選手も非常に素晴らしい演技を見せ、92.266という超高得点となり、本当に紙一重の大会となりました。

4回目の出場権は、薄氷を踏む思いで勝ち取ったものだ。約9年間続いた個人総合での連勝記録が「40」で止まったのは2017年の世界選手権。跳馬の着地で左足首を負傷し、棄権した。長く酷使してきた肉体は悲鳴を上げており、右足首を痛めた2018年は世界選手権で個人総合の出場を断念。両肩をケガしていた2019年は全日本選手権でまさかの予選落ちを喫し、2008年以降初めて日本代表から落選した。

2015年に固めた演技を見事にこなした大会でした。
特に最後の1つのミスも許されない鉄棒での完璧な演技での大逆転は、感動的でした。

そしてやってきました、2011年東京の世界選手権です。
圧倒的な強さを見せつける内村航平選手ですが、この大会はその中でも一際強さが際立った大会、個人総合の金メダルは内村選手が取って当然と言わしめた大会です。

床・鞍馬・跳馬・鉄棒のみです。吊り輪と平行棒の動画は見つかりませんでした…。
鞍馬で二度の落下がありながらも、91.975点という高得点を記録し、見事に銀メダルを獲得、世界にその名を知らしめた大会となりました。
ちなみに金メダルは中国の楊威選手で94.575という圧倒的な得点が記録されました。
もしも鞍馬の落下がなかったとしても金メダルは恐らく難しかったでしょう。

体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合のNHK杯は16日、長野市ビッグハットで男子が行われた。個人枠で五輪出場を目指す内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=は専念す…

2020年2月から鉄棒に専念し、1年かけて自身の演技を磨き上げてきた。1種目に絞ったことで体力的な負担が軽減され、演技も安定。東京2020大会の選考対象となる2021年4月からの全日本選手権、NHK杯、全日本種目別選手権では、世界でも数人しかできないH難度の「ブレットシュナイダー」や、G難度の「カッシーナ」といった離れ技を次々と決める内村の姿があった。全日本種目別選手権の予選では2017年のルール改正以降、世界最高得点となる15.766点をマークするなど、見事な演技を披露した。

体操男子で4大会連続の五輪出場を決めた内村航平(ジョイカル)が9日、寝具メーカー「エアウィーヴ」とのスポンサー契約締結会見に出席した。今月1日付で契約を結び、東京五輪に向…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*