2021最新 内村航平 自宅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平 自宅

少し前まで賃貸マンションに住んでいましたが、NHKのBS放送を見ていないのに、受信料の支払いを求められました。自宅を訪ねてきた営業担当者は、「配線を変えれば映る」と説明。…

<内村航平選手 コメント>アスリートは、毎日練習し、翌日に疲労を残さずに次の日も同じように練習に取り組むことが求められます。私は3歳から体操競技を続けてきましたが、歳を重ねるにつれ、コンディション管理と向き合う中で特に「睡眠」に気を遣うようになりました。寝具は毎日使う物です。その毎日使う寝具で良い睡眠を取り、自分の身体のコンディションを維持することで日々安心して競技が続けられています。今回のご縁を大切にしながら引き続き頑張って参ります。

株式会社エアウィーヴ(東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:高岡本州)は、プロ体操選手の内村航平選手と2021年6月1日、スポンサー契約を締結。東京2020オリンピック競技大会に向けて寝具を通して強力にサポートしていきます。

―― 内村さんが3歳から15歳まで暮らしたのが長崎県の諫早市。どんな風景が印象に残っていますか?

2015年に発覚した東洋ゴム工業(現TOYOTIRE)の免震ゴムを巡るデータ改ざん問題で、国の性能基準を満たさない免震ゴムを使用していた福岡市中央区の賃貸タワーマンション…

「鬼に金棒、小野に鉄棒」と称された小野さんは「内村君は私たちの時代には想像もできない演技をやっている。だから私が言うことではないけど、無理がたたっているのかな」と思いやる。「6人中6位で代表になった」と言う64年は大会前に肩を痛め、はり治療を受けながら団体総合の五輪2連覇を達成。「最高だった」と絶好の形で現役を終えることができた。

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。

個人枠で日本から出場するのは、鉄棒の内村航平とあん馬の亀山耕平だ。

過去3大会と違い、自身4度目の五輪は団体には出場せず、鉄棒に専念する内村。「自分の仕事はかなり明確なので、鉄棒という種目をしっかりやり切る」と力を込めた。

<プロフィール>1989年1月3日生まれ(長崎県諫早市出身)。オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。2020年夏、6種目で戦うオールラウンダーから種目別鉄棒に絞ってオリンピックを目指すことを表明。<スポンサー契約について>東京2020オリンピック競技大会体操競技男子種目別鉄棒日本代表に内定した内村航平選手。経験を積むにつれ、結果を出すためには質の良い睡眠でコンディションを整えることが重要だと実感するにようになったそうです。「どこにいても睡眠環境を大事にしたい」と人一倍寝具にこだわる内村選手、その思いに共感し、この度の契約締結に至りました。 内村選手が愛用しているのは、体形に合わせて肩・腰・脚の各パーツの硬さをカスタマイズできる三分割マットレス「エアウィーヴ マットレス2020」。このカスタマイズの技術は、東京2020大会の選手村に提供するマットレスにも応用されています。内村選手は、選手村と少しでも近い環境でコンディションを整え、日々練習に励んでいます。 エアウィーヴは、世界の頂点を目指す内村選手を、寝具を通して応援します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*