2021最新 五十嵐カノア父親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 五十嵐カノア父親

17歳といえば、日本では高校2年生になる年齢ですが、五十嵐カノア選手はすでに世界で活躍し、スポンサー契約を多く結んでいたため実現しています。

五十嵐カノア選手と一緒にサーフボードを持って遊ぶ幼少期の画像がありました。

東京五輪サーフィン日本代表の五十嵐カノア選手。

成長期の身長差が激しい幼少期の画像の影響で、五十嵐カノア選手と弟のキアヌさんは歳が凄く離れていると思われ、年齢差があるイメージを持たれているようです。

五十嵐カノア選手の弟の五十嵐キアヌさんは、2018年8月に行われたアメリカ最大のアマチュア団体NSSAで2戦連続優勝した際に、16歳と報じられていたため、2021年現在は19歳です。

また、五十嵐キアヌさんは2013年にインスタグラムで、初めて優勝した時の写真を投稿していましたので10歳前後の頃に何かの大会で優勝したようです!

五十嵐カノア選手と弟の五十嵐キヌアさんのサーファーとしての成績や経歴は、海外では有名のようですが、日本ではまだあまり報道がされていないため、多くはわかりませんでした。

2021年最新の五十嵐キアヌさんのインスタグラムの画像を見ると、かなり成長して身長も大きくなっている事が分かりますが、兄の五十嵐カノアさんよりは低いので175cmくらいですね!

実は、五十嵐カノア選手には弟が1人いて、その弟もイケメンサーファーとして注目される選手でした!

五十嵐カノア選手は、オリンピックへの出場を決める際に、両親のルーツである日本人として出場を決めて日本国籍を選んでいますが、五十嵐キヌアさんはまだ年齢も若いく、どちらかに決める必要はないので、現在住んでいるアメリカの国籍を使っているようです。

五十嵐カノア選手が身長180cmで大きいので、五十嵐カヌアさんともっと歳が離れているのかと思っていましたが、意外にも4歳差くらいなのですね!

日本でも大きく報道されて有名なのが、2018年の日本のNSA(日本サーフィン連盟)にあたるアメリカのアマチュアサーフィン団体NSSA(全米アマチュアサーフィン連盟)での試合で、2戦連続優勝した事です。

兄弟で弟の方が身長が大きくなる事もありますので、五十嵐キアヌさんもこれから更に伸びていくかもしれません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*