2021最新 体操選手 内村航平 母親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 体操選手 内村航平 母親

最重要視してきた団体での出場を諦めるのは「すごく勇気が要った」が、試しに鉄棒の練習に専念してみると、肩の痛みがうそのように治まった。約2か月後、決意を固め、鉄棒のスペシャリスト・内村が誕生。代表選考会で五輪金メダル級の演技を繰り返し、たった一つの個人枠をつかみ取った。

19歳で個人総合銀メダルのデビューを飾った2008年北京大会。圧倒的な強さで個人総合王者となった12年ロンドン大会。団体総合で初めて表彰台の中央に立った16年リオデジャネイロ大会――。体操ニッポンの伝統を背負い、「全6種目を演技してこそ体操選手」との信条を体現してきた。

これまで4大会連続メダルの偉業を達成した日本選手は、5大会連続の柔道、谷亮子(旧姓田村)を含め、体操の小野喬、レスリングの伊調馨、吉田沙保里の4人。だが、最後の大会で個人の金メダルを獲得したのは伊調だけで、谷は銅、吉田も銀に泣いた。1964年東京大会で団体総合の金を手にした小野も「鬼に金棒、小野に鉄棒」とまで言われた得意種目は6位だった。絶対的な王者といえども、最後まで頂点に君臨し続けるのは至難の業だ。

自他共に認めるオールラウンダー・内村が、4~6月の代表選考会は種目別の代表権を得るために鉄棒一本で挑んだ。酷使してきた体が、全種目を戦うには限界を超えていたからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*