2021最新 体操 内村航平 父

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 体操 内村航平 父

逆上がりや、でんぐりがえしができるようになるには、親が手出しをしてできることではなく、子どもにとっては初めて自分と向き合い、歩き始めの第一歩と同じように自分で克服しないと達成できないことのように思います。「体操との出会いが子どもたちにもたらすものとは?」世界のトップに立つ内村航平選手に聞きました。

うちむら こうへい 1989年生まれ。32歳。オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。プライベートでは8歳、5歳の女児の父。

子どもって跳んだり回ったりすることが好きですよね。学校でも体育の授業があるし、みんな子どもの頃に一度は体操に触れている。でも、体操には器具が必要なので、内容のレベルが上がれば上がるほど、サッカーや野球のようなスポーツほど気軽にやることができないし、競技を見られる環境も限られていることは、これからの僕たちの課題です。どこかに行く時、ほんとは技をやりながら進んだほうが速いんじゃないかなって思うことがあります(笑)。横断歩道で万が一車が突進してきた時、よけ方を頭のなかでシミュレーションしてみたり。実際やったことはありませんが。仮面ライダーを見て、子どもたちからカッコイイと思われるのと同じように、体操を見て、カッコイイ!ああなりたい!と思われるように僕たちががんばらなきゃなって思っています。

両親の運営する体操クラブで3歳から体操を始めましたが、2歳下の妹が体操をするようになってからは、妹のほうが断然上手でした。子どもの頃、僕はクラブの生徒の中でも上達する速度が遅く、〝蹴上がり〞という動きをやり始めた時も、皆がどんどんできるようになった姿を横目に、ひたすら試行錯誤しながら、一人黙々と練習をやり続けていました。なので、初めてできた時の達成感は今でも鮮明な記憶として残っています。「できたー!!」と体育館中に声が響き渡るくらいの大声で皆に伝えまわっていた自分の姿を覚えています。

僕の長女は逆上がりが全然できなくて(笑)、教えてできるようになっても、後日やってみるとできない。残念ながら、どうも本人は好きではないらしいんです。でも、長女はその反面、恐竜が大好きで、毎日恐竜の図鑑を見ては目をキラキラさせて話しだす。恐竜の名前は100個とか200個とか言える。僕にとっての体操は彼女にとっては恐竜なのかもしれません。その好きな分野での経験を、人生を歩んで行く中で変換できればいいですよね。ただ、変換の仕方は大人が導いてあげないとわからないと思うので、それを教えてあげることも親の役目ではないかとも思っています。

社会人アメリカンフットボールのX1エリア西日本トーナメントの1回戦2試合が1日、神戸市王子スタジアムで行われ、みらいふ福岡が34-20でアズワンを破って決勝進出を果たした…

東京五輪に出場する体操男子の内村航平(ジョイカル)と自転車女子トラックの小林優香(日本競輪選手会)の激励会が20日、長崎県諫早市の母校諫早中で開かれた。

神山まりあの父の日アイディア「去年は◯◯を贈りました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*