2021最新 内村航平 4大会連続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 内村航平 4大会連続

くぐってきた修羅場が違う。緊張感張り詰める代表選考の終盤戦で、内村が“王”の輝きを放った。引き締まった表情で鉄棒を握ると、冒頭のH難度ブレトシュナイダーを含めたすべての離れ技を成功。着地もピタリと止め、「よしっ!」と右拳を握った。

東京五輪最終選考会を兼ねて男子6種目、女子4種目の予選が行われた。鉄棒に絞り、4大会連続の五輪出場を狙う内村航平(32)=ジョイカル=は、ほぼ完璧な演技で現行採点法では世界最高得点の15・766点をマーク。日本協会が定めた選考基準のポイント(P)を40P加えて合計150Pとし、暫定首位で五輪切符に王手をかけた。今大会まで内村と並んでいた個人枠1枠を争う跳馬の米倉英信(徳洲会)は30Pを加え、内村と10P差の140Pで6日の決勝で逆転を狙う。

体操の日本代表史上2人目となる4大会連続五輪出場。これまで同様、金メダルの期待が大きかった内村航平(32)=ジョイカル、長崎県諫早市出身=が24日、まさかの結果で五輪への挑戦を終えた。こだわり続けて …

内村はこの日、寝具のエアウィーヴ社とスポンサー契約を結んだことを発表。同社の体形測定システム「マットレス・フィット」を用いて、自身の体形に合った硬さの最新のマットレスを選ぶデモンストレーションを行った。

国内株式関連の情報は約20分遅れ、海外株式関連の情報は15分以上の遅れで表示しています。為替情報は10分ごとに更新されており、約10分前の相場を表示しています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。本件情報を無断で再配信することは禁じられております。

内村は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪の個人総合金メダリスト。両肩痛などの影響で昨年、鉄棒に専念することを決断した。4大会連続の五輪出場を果たしたが、演技途中に落下した。「僕は競技が好き。引退することが終わり方の正解というのは違うかなと思う。引退宣言する必要があるのかなと最近思う」と持論を述べた。

体操男子予選で種目別鉄棒に専念した内村航平(ジョイカル)は途中で落下して13・866点にとどまり、決勝進出の8位までに入れなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*