2021最新 内村航平 6連覇

2021最新 内村航平 6連覇

来年のリオデジャネイロ五輪代表も決めた内村は、1968年メキシコ、72年ミュンヘン大会での加藤沢男以来となる五輪個人2連覇をめざす。

鉄棒落下の内村「選考争った米倉に土下座して謝りたい」

内村:もちろん、レベルが上がれば辛いことも増えていきます。今や楽しいことは1割しかなく、その1割のために9割我慢しているようなところもあります。ただ、おっしゃる通り子どものころに体育館で遊んでいた記憶だけはずっと残っていて、それがあるから続けられているのだと思います。

思い出すのは、いつもあの街。総勢20名が語るそれぞれの東京。みうらじゅん、東村アキコ、鈴木敏夫、加藤一二三、赤江珠緒への上京インタビューも収録!

成績は、種目別、個人総合、団体総合で競います。
1種目だけでも大変なのに、全種目で高難度の技を求められるのが、体操競技の難しいところ。当然のことながら、どの選手にも得意な種目と苦手な種目があり、全方位でトップレベルに到達するのは、とても稀有なことなのだそうです。内村航平選手が成し遂げた国際大会で個人総合6連覇の成績は、まさに前人未到の偉業。「体操史上最強」「スーパーレジェンド」などと称されるのも納得です。

内村航平 まさかの予選落ちに「米倉に土下座して謝りたい」 後輩たちの演技には「心配いらない」

予選トップ通過の内村は決勝で92.332点をマーク。最終種目の鉄棒の競技を終えると優勝を確信。採点が出る前に両手でガッツポーズを作った。

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。

[グラスゴー30日ロイター] – 体操の世界選手権は30日、英国のグラスゴーで男子個人総合の決勝を行い、内村航平が前人未到の6連覇を達成した。

内村:もちろんありましたよ。体操クラブの仲間と、たまに吉祥寺や下北沢に行きました。ボウリングやカラオケをするのも初めてだったし、高校1年生で焼肉チェーン店に行ったときは「こんな天国みたいな店があるのか!」と感動したのを覚えています。食べたいものも欲しいものも、なんでも近くにあって「夢の街だ!」と思いましたよ。

内村:そうですね。高校の3年間も、ずっと体操をしていた記憶ばかり残っています。学校が終わったら制服のまま体育館に直行し、夜の10時まで練習。土日は朝から練習でした。東京に来たのは強くなるためで、遊ぶためじゃない。それに、やっぱり体操が一番の遊びでしたからね。多分、それはこの先も一生変わらないと思います。

日本のお家芸ともいわれる体操競技。実は技の発展にも日本人選手の活躍が関係しています。10点満点の採点方式だった時代、難度の最高点は3.4点。C難度の技を最高とする配点になっていました。ところが、昭和30年代の国際大会で、日本人選手がC難度にひねりなどを加えた技を披露。C難度を超える技として「ウルトラC」と呼ばれるようになりました。これをきっかけに、難度の高い技の評価を上げる声が高まり、採点方式の改正が行われるようになりました。そして現在の採点方式にたどり着いたのは2009年でした。

24日に行われた体操男子予選で、内村航平(ジョイカル)が唯一の出場種目だった鉄棒で落下し、種目別決勝に進めなかったことについて、海外メディアもまさかの幕切れに反応した。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*