2021最新 内村航平wiki

2021最新 内村航平wiki

2021年7月24日に行われた東京五輪オリンピックの「競泳男子400M個人メドレー予選」試合で、水泳選手の瀬戸大也(せとだいや)がなんと負けてしまいました!

個人枠で日本から出場するのは、鉄棒の内村航平とあん馬の亀山耕平だ。

最後は北園丈琉。2018年に15歳で出場したユース五輪では個人総合、種目別のゆか、つり輪、平行棒、鉄棒を制して5冠を達成。日本男子体操史上初の快挙を達成し、次世代エースとして大きな期待が寄せられた。

瀬戸大也と言えば、2020年9月に美人CAとの不倫騒動があったり、2020年の東京オリンピックも1年延期になったことで、モチベーションも下がっている状態でした。

日本体操のエースでオールラウンダーという点から、元日本代表の冨田洋之としばしば比較される。美しい演技へのこだわりという面でも内村は冨田に負けず劣らずで、冨田に次いで日本男子2人目の受賞となった世界選手権のエレガンス賞を、「3連覇より嬉しい」とコメントしている(2011年。この後2013、14年のエレガンス賞も受賞し、こちらも「3連覇」している)。なお、内村は公式プロフィールで「好きなもの」「今一番ほしいもの」の両方に「腕時計」と書くほどの腕時計好きであるが、エレガンス賞のスポンサーはスイスの高級時計メーカー・ロンジンであり、副賞として腕時計が贈呈される。最高のコレクションとなったであろう。

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。

中国は正確な演技ができる肖若騰と「世界一美しい体操」と評価されている鄒敬園が中心。ROCはロシア国内で内村と同じく「キング」と呼ばれる、2018年世界選手権個人総合金メダルのアルトゥル・ダラロヤン、2019年世界選手権3冠のニキータ・ナゴルニーという2人の王者を揃えて、金メダルを狙う。

代表選考会をトップで通過した橋本大輝は、全日本個人総合選手権決勝で高得点を叩き出し、日本の新エースに名乗りを上げた。前回のリオデジャネイロ五輪までエースとして君臨していた内村航平の後継者として、どこまでスコアを伸ばせるのかに注目が集まる。

団体2連覇を狙う上で、ライバルとなるのは中国とROC(ロシア・オリンピック委員会)だろう。2018年は中国、2019年はロシアが世界選手権団体を制し、日本はいずれも3位だった。

メンバーで随一の安定感を誇るのが萱和磨。リオデジャネイロ五輪の補欠メンバーで、2018年世界選手権団体決勝では4種目に出場。全て14点台でまとめて日本の団体銅メダル獲得に貢献した。4月の全日本個人総合選手権では鉄棒で起こった「1000回に1回」のミスにより3位に終わったが、確実に順位を押し上げる力のある選手だ。チームに安定をもたらすことができるか。

内村航平が鉄棒から落下したり、瀬戸大也が予選落ちするなど、信じられない事が起こるのがオリンピックの怖さだな。

まだモチベーションが下がっているとまではないかと思いますが、2019年までの勢いほどはなくなってしまっているのではないでしょうか?

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*