2021最新 nhk プロフェッショナル 内村航平

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 nhk プロフェッショナル 内村航平

2006年1月に始まった、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー。プロフェッショナルな人々の姿を通じて、仕事の奥深さや働くことの醍醐味を伝えていく。ナレーターは橋本さとしと貫地谷しほり。

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。

小倉智昭に密着する。2021年3月、小倉が22年司会を務め、同一司会者による情報番組として日本一の放送回数を誇る長寿番組が終了。小倉は鋭いトークで長年視聴率トップを独走したが、近年は一転して「老害」とまで言われるようになった。小倉が引き際で見せた、意地と未練が入り交じる複雑な胸の内が明らかになる。

東京オリンピック、体操は男子予選が行われ、種目別の鉄棒で金メダルの期待がかかった内村航平選手は、鉄棒で落下して、決勝進出はなりませんでした。

4年前から僕が思い描いていたビジョン。それは、プロという選択です。自分にしかできないことを実現したいという強い思いから、日本で最初のプロ体操選手として活動していくことを決めました。これから4年後の大会に向けて全力で競技力の向上を図りながら、現役のいまだからこそできることがあると考え、このタイミングで新しい領域へ踏み出します。僕がプロになり露出機会が増えれば、子どもたちをはじめ、より多くの方に体操の楽しさ、素晴らしさを知ってもらえる。そして、次の世代に世界トップレベルの日本の体操を伝えたい。そのためには、この活動を通じて広い視野を持ち、僕自身も体操への知識を深めるとともに競技者としてさらに成長したいと思っています。自分にしかできないこと。その目的を実現するために。これからも応援よろしくおねがいします。

体操男子の日本代表、内村航平選手。今回が4回目のオリンピックで、東京では3大会連続の金メダル獲得がかかります。「最大の目標はメダルの色ではない」という王者が目指すものとは…。

2021年7月期のTBS日曜劇場枠で『TOKYOMER~走る緊急救命室~』が放送されることがわかった。鈴木亮平が日曜劇場初主演を努め、大事故や事件に巻き込まれ命の危機に瀕する重篤患者を救うため、自らの…

これは、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆け付け、負傷者にいち早く救命処置を施す救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」(東京モバイル・エージェンシー・ルーム)の活躍を描くドラマです。

オリンピックで二連覇を成し遂げた内村航平は、「ここから先は落ちるしかない」という葛藤と戦っていました。ここで守りに入ってしまってはいけないという思いから、敢えて高難度の新技に挑んでいるのだそうです。自分を変えるきっかけにしたかったのだそうです。そして、ついに新技を完成させました。それでも、内村航平は「蹴上がりを初めて成功させた時の達成感には及ばない」と言います。

2021年3月8日に公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の総監督・庵野秀明に4年にわたって独占密着。これまで長期取材が許されなかった庵野の制作現場を初めて余すところなく記録した。巨匠・宮崎駿をして「庵野は血を流しながら映画を作る」と言わしめるその現場で何が起きていたのか、稀代のクリエイターの実像に迫る。

第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー。今回は、「好きな芸人ランキング」で3連覇のお笑い芸人・サンドウィッチマンに半年間密着。互いを救い合った貧乏時代のエピソードや、二人が心に秘めた「笑いの流儀」が明らかに。また、コント特番やライブの舞台裏にも潜入する。

内村航平は、密かに鉄棒の新技「ブレットシュナイダー」に挑み始めていました。この技は、勢いよく上に飛び出して空中で1回転する間に2回ひねりを加えるという凄い技なんです。その練習風景は、H難度という難しさをまざまざと見せつけるように何度も何度も失敗を繰り返していました。難しいだけでなく、危険も伴う命がけの練習のようにも見えました。

>> プロフェッショナル仕事の流儀の再放送・見逃した動画を見る方法はコチラ!

2020年3月にこの世を去ったコメディアン・志村けんさん。「変なおじさん」「バカ殿様」など誰もが知る名物キャラクターを生み出し、国民的コメディアンにまで上り詰めたが、晩年になっても新しい挑戦をやめることはなかった。関係者の証言とNHKに残された貴重な秘蔵映像から、人生を笑いに捧げた男の流儀を探る。

内村航平にとってプロフェッショナルとは「愛」だと言います。体操をやっていて辛いことばかりですが、体操のいい所も悪い所も含めて大好き、いや、それ以上なんだそうです。だから、「愛」なんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*