2021最新 五十嵐カノアイタロフェレイラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 五十嵐カノアイタロフェレイラ

東京オリンピックへは、男女ともに20名づつ、国別では最大男女ともに2名までが出場権を得られますが、日本人の出場枠(最大男女ともに2名)を得られるのは、2021年5月のエルサルバドル大会結果次第となっており、サーフィンのオリンピック最終選考から、まだまだ目が離せません。

男子の金メダルを獲得したブラジルのイタロ・フェヘイラ(Italo Ferreira)との点差は、フェヘイラ15.14、五十嵐6.60と8.54の点差だった。

【7月27日 AFP】(更新)東京五輪は27日、サーフィン男子決勝が行われ、五十嵐カノア(Kanoa Igarashi)が銀メダルを獲得した。ブラジルのイタロ・フェレイラ(Italo Ferreira)が金メダルに輝いた。

そして、アメリカ代表のジョン ジョン・フローレンス選手(28)は2016年と2017年、2年連続でワールドチャンピオンになった実力の持ち主です。その後、両ひざを負傷し、五輪出場が危ぶまれましたが、懸命なリハビリで復活しました。ハワイの波で鍛えた強い体幹が武器で、大きな波を得意にしています。

2021年7月28日の3位決定戦と決勝戦は、TV(TBS系列)でも放送予定でしたが、予定日時が変更され、決勝戦は7月27日(火)15:46からWEBにてライブ配信予定になっています。

2021年7月27日、東京オリンピック4日目。日本チームはまたしても目覚ましい勝利を収めた。

東京五輪のサーフィン男子決勝が27日に行われ、日本代表の五十嵐カノアはブラジルのイタロ・フェレイラと対戦中。台風の影響で激しい波のなか、見応えのある勝負が続いている。

ヒート中盤、さらにイタロはバックサイドでホローセクションを攻め、7.77ptをマーク。トータルスコアを14.77ptへ押し上げ、五十嵐をコンビネーションに追い込んだ。

2021年7月25~27日のラウンド1~3・準々決勝・準決勝は、WEBにてライブ配信されます。

2020年11月1~3日に、千葉県志田下ポイント(オリンピックサーフィン会場)にて、「ISAワールドサーフィンゲームス日本代表選考会」を兼ねた「ジャパンオープン」が、無観客にて開催されました。オリンピック最終選考となる「ISAワールドサーフィンゲームス(エルサルバドル2021年5月開催予定)」の最後の出場枠が争われ、優勝した「大原洋人」「前田マヒナ」選手達が出場権を獲得しました。これで、オリンピック最終選考となる「ISAワールドサーフィンゲームス(エルサルバドル2021年5月開催予定)」に、男子は「五十嵐カノア(いがらしかのあ)」「大原洋人(おおはらひろと)」、女子は「都筑有夢路(つづきあむろ)」「前田マヒナ(まえだまひな)」、計4名の選手達の出場が決定しました。

フェレイラは合計15.14点で同6.60点の五十嵐を抑え、サーフィンの五輪初代王者となった。

まず、都筑有夢路(つづき・あむろ)が、女子サーフィンでアメリカ人サーファーのキャロライン・マークス(Caroline Marks)と対戦し、4.26というスコアに対して6.80の得点を出し、銅メダルに輝いた。都築の勝利に続き、男子サーフィンに出場していたプロサーファーである五十嵐カノアが2位でフィニッシュし、銀メダルを手にした。

ランキング1位にいるのが、ブラジル代表のガブリエル・メディーナ選手(27)です。2014年、史上最年少の20歳でワールドチャンピオンになり、その4年後にもチャンピオンになりました。豪快なターンはもちろん、空中でのダイナミックなエアリアルなど、あらゆる技が「最高レベル」といわれています。インスタグラムのフォロワー数はおよそ850万人、名実ともに世界トップクラスの選手です。

2年ほど前でしょうか、たくさんの報道陣に囲まれ、2020年東京オリンピックサーフィン競技会場にCTツアーの合間にやってきたカノア五十嵐選手。波は小さくパワーの無い腰腹くらい。日本ではよくある小波コンディションだ。力のない波だったが圧巻のサーフィンを披露。以前カノアは「サーフィンに一番大事なのはスピード」って」話してたけど、本当にその通りだねっていうかのように、スピードが出せるセクションではビュンビュンと加速して行きエアーを何本もメイクした。

日本代表の五十嵐カノアとブラジル代表のイタロ・フェレイラの対戦となったオリンピック決勝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*