2021最新 五十嵐カノアプロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 五十嵐カノアプロフィール

五十嵐カノアさんは、両親の影響で3歳からサーフィンを始めます。

最後はガブリエルのプライオリティミスもあり、逆に五十嵐がガブリエルをブロックして再逆転の隙を与えず、そのまま勝利しファイナル進出を決めた。

2018年2月12日、CT3年目のシーズンが始まる前に、WSLでの登録籍をアメリカから日本に変更したことが発表された。

2018年1月16日のNSA理事会を経て強化指定を受けることが内定、2月6日に『2018サーフィン強化指定選手』として正式発表された。

また、五十嵐キアヌさんは2013年にインスタグラムで、初めて優勝した時の写真を投稿していましたので10歳前後の頃に何かの大会で優勝したようです!

2019年CTランキングで東京オリンピック出場権を得ていながら、出場必須とされた今大会。波乗りジャパンとして参加して五輪出場権を確定させ、更に個人2位となり銀メダルを獲得した。この大会で五輪出場を確定させた大原洋人、前田マヒナ、都筑有夢路と共に東京オリンピックに挑む。

五十嵐カノア選手と弟の五十嵐キヌアさんのサーファーとしての成績や経歴は、海外では有名のようですが、日本ではまだあまり報道がされていないため、多くはわかりませんでした。

2016年、18歳(この年の最年少)でCTの舞台に上がり、最終戦の『Billabong Pipe Masters』で初のファイナル進出、最高成績の2位。CTの初シーズンは総合ランキング20位。2017年は総合ランキング17位、2018年は総合ランキング10位と成績を伸ばし続けており、2019年は4年目のシーズンとなる。

2018年4月26日、ISAは五十嵐カノアの国籍登録変更要請を正式に承認。ISAワールドサーフィンゲームスや2020年東京五輪に日本代表として出場することが可能になったと発表した。

これで五十嵐カノアは2以上、メダル獲得が確定!次の決勝で金メダルを目指す。頑張れニッポン!!

その後、13歳でワールドサーフリーグへと所属を移し、翌年にはUSAチャンピオンシップU-18クラスで最年少優勝を果たしています。さらに成長した19歳のときには、サーフィン史上最年少・アジア人初となる「WSL チャンピオンシップツアー2016」に出場。

2017年12月25日、カノアは同日に都内で会見を開き「日本代表として五輪に出たい」と語った。同日、NSA(日本サーフィン連盟)への登録手続きが大詰めを迎えていたことも報じられている。

成長期の身長差が激しい幼少期の画像の影響で、五十嵐カノア選手と弟のキアヌさんは歳が凄く離れていると思われ、年齢差があるイメージを持たれているようです。

日米両国籍をもつ五十嵐カノア。2020東京オリンピックへ日本代表として出場を目指すため、各団体での登録籍変更手続を進めた。

CTの予選リーグであるQSには、プロジュニアと併行して2013年から参戦。2014年にハンティントンビーチで開催された『Shoe City Pro』で初優勝。翌年の2015年、ブラジルで開催された6,000『Mahalo Surf Eco Festival』での優勝を始め、好成績を重ねてQSランキング7位でクオリファイを果たす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*