2021最新 五十嵐カノア母親

2021最新 五十嵐カノア母親

2017年12月25日、五十嵐は都内で会見を開き、日本代表としてオリンピックを目指すことを発表。それは、米国代表から移籍するというよりも、心のふるさとに帰るような、そんな自然なことだった。

2020年の東京オリンピックより新種目となった「サーフィン」。

五十嵐カノアさんには弟さんがいます。

五十嵐カノアさんの親は金持ち、これは間違いないかと思います。

つまり五十嵐カノアさんのお父様はアメリカ企業の社長様です!

東京オリンピックに向けて集中力を高めてきた五十嵐カノアさん。

東京五輪サーフィン日本代表の五十嵐カノア選手。

そして、2018年9月15日〜16日にカディフ・シーサイドリーフで開催された第3戦、第4戦のジュニアクラスでも2連しています。

そんな五十嵐の心を揺さぶるニュースが届いたのは、2016年12月のことだった。東京2020オリンピックのサーフィン会場が、釣ヶ崎海岸に決定したのだ。

2016年から、18歳にして最高峰のサーフィンツアーであるチャンピオンシップツアー(CT)への参戦が決定。コンペティションジャージーの背番号は「50」を選んだ。「ファミリーネームが五十嵐なので『50』にしました。『50の嵐』のエネルギーを集めて、僕の力が出る。日本の名前から力をもらって大会に出ることができるのが嬉しいです」

五十嵐氏は、64年生まれの54歳。20年東京五輪で正式種目となったサーフィンの日本代表強化選手である五十嵐カノア氏の父親だ。サーファーやスケーターとして活躍、米国でスポーツトレーナー育成会社を設立している。

五十嵐は想像した――。釣ヶ崎海岸で行われるオリンピック。応援してくれる日本の祖父母や友人達。子供の頃から親しんできた千葉の波。海の中から振り返った時に、砂浜で揺れる旗。そこに見えたのは、星条旗ではなく、日の丸だった。

五十嵐カノア、銀メダル獲得も視線は24年パリ五輪「早くやりたい」

佐野社長は「東京五輪に向けて、日本のサーフィンを五十嵐さんと盛り上げたい」と話す。「サーフィン、スケートボードは新たなアスリートの成長で本格的なスポーツの段階に入る」と期待している。

五十嵐カノアさんの母親の情報をまとめました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*