2021最新 五十嵐カノア腕時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 五十嵐カノア腕時計

ワールドツアーと同じくじっくりとセットを待つ戦略を取った五十嵐は、他のサーファーが波に乗る中、忍耐強く形の良いセットを待った。

五十嵐のリードはヒート終了まで逆転されることなく、ヒートトップとなる12.77ptをマークし1位通過でラウンド3進出を決めた。

翌2015年にはブラジルで開催されたWSL-QS6000「マハロ・サーフ・エコ・フェスティバル」で優勝するなど好成績を残し、実質1年の挑戦で2016年CT(チャンピオンシップ)ツアーへと昇格を果たす。CTツアーではルーキーながらも全ツアー戦を通し、1回戦敗退が一度もないという堅調なサーフィンとクレーバーな戦いぶりを見せ、初戦の「クイックシルバー・プロ・ゴールドコースト」では9位、そして最終戦「ビラボン・パイプマスターズ」ではサーフ界の神ケリー・スレーター(USA)を破るなどして準優勝2位、年間最終ランキングを20位で、再び2017年WSL CTツアーへの資格を得る。

東京五輪のサーフィン競技の初日となる7月25日。開幕ヒートに出場した大原洋人に続き、日本代表の五十嵐カノアはラウンド1のヒート2に出場。

腕時計の面白さのひとつが、懐中時計から続く伝統的なメカニズムを受け継ぎながら、最先端の加工技術や素材を積極的に取り込んでいること。腕時計の中に18世紀から21世紀までが凝縮されているとさえ言えるのです。
今回は“最先端”という観点で、2021年の新作から3名の時計ライターにオススメを選んでいただきました。

腕時計の最前線で活躍するジャーナリスト3人が、2021年の新作からイチオシモデルをリコメンド! 今回は、“未来を感じる”3モデルが揃いました。
いま注目すべき、大人な腕時計の新定番といえば?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*