2021最新 五十嵐カノア親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 五十嵐カノア親

五十嵐カノアさんの母親の情報をまとめました。

五十嵐氏は、64年生まれの54歳。20年東京五輪で正式種目となったサーフィンの日本代表強化選手である五十嵐カノア氏の父親だ。サーファーやスケーターとして活躍、米国でスポーツトレーナー育成会社を設立している。

2019年10月には、オリンピックの出場権を獲得。大会が1年延期となると、改めて戦略を練った。メダルのカギとなるのは、釣ヶ崎海岸の波の質だ。

五十嵐カノアさんの親は金持ち、これは間違いないかと思います。

2016年から、18歳にして最高峰のサーフィンツアーであるチャンピオンシップツアー(CT)への参戦が決定。コンペティションジャージーの背番号は「50」を選んだ。「ファミリーネームが五十嵐なので『50』にしました。『50の嵐』のエネルギーを集めて、僕の力が出る。日本の名前から力をもらって大会に出ることができるのが嬉しいです」

そこで、海をフィールドにするプロサーファー・五十嵐カノアさんは、資生堂とともに美しい海を取り戻すプロジェクトをスタートした。

つまり五十嵐カノアさんのお父様はアメリカ企業の社長様です!

2017年、都内で会見を開き、日本代表として東京オリンピックを目指すことを発表しました。

2018年には、WSL(World Surf League)とISA(国際サーフィン連盟)の登録国籍を日本に変更。

五十嵐カノアくん、私も注目している選手です!

佐野社長は「東京五輪に向けて、日本のサーフィンを五十嵐さんと盛り上げたい」と話す。「サーフィン、スケートボードは新たなアスリートの成長で本格的なスポーツの段階に入る」と期待している。

サーファーの両親のもと、移住先のカリフォルニアで生まれた五十嵐カノア。海を産湯のようにして幼少期を過ごし、3歳でサーフィンを始めてからは海が家となりオフィスとなった。

東京五輪サーフィン日本代表の五十嵐カノア選手。

そして、2018年9月15日〜16日にカディフ・シーサイドリーフで開催された第3戦、第4戦のジュニアクラスでも2連しています。

五十嵐カノアさんには弟さんがいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*