2021最新 五十嵐カノア インタビュー

2021最新 五十嵐カノア インタビュー

東京オリンピックは27日、ソフトボール決勝があり、日本が2-0でアメリカに勝って金メダルを獲得した。2008年北京五輪に続けて、2大会連続で強豪アメリカを破って優勝した。

そんなカノアにWSLがイベント直前にインタビュー。
彼にとってUS Openがどれだけ重要なのかが伝わってくる内容だ。

東京オリンピックは27日、新競技サーフィンの決勝があり、男子はイタロ・フェレイラ(ブラジル)が、女子はカリッサ・ムーア(アメリカ)が初代の金メダリストになった。男子の五十嵐カノアは銀メダル、女子の都筑有夢路も銅メダルを勝ち取った。

北朝鮮と韓国は27日午前、昨年6月から途絶えていた通信ホットラインを再開させた。韓国大統領府が発表した。

五十嵐カノアは、今年も早くからノース入りをし、2021年シーズン開幕を前に今シーズンの抱負を語った。

「オフシーズンが長引いたことで、やりたかった練習もたくさんできて、準備は万端です。そんな自分のサーフィンをファンの皆さんに見てもらえたらと思います。2020年が本当は凄く忙しい一年になるはずだったんですが、2021年にフォーカスを切り替えていきます。今年は金メダルを取ることとWSLで世界チャンピオンになることを目標に頑張ります。応援よろしくお願いします。」とカノアは語った。

US Openではサーファーがロックスターになれる。
ハンティントンビーチでのこのイベントはそんな素晴らしい舞台なんだ。
ポイントや賞金ではなく、ギャラリーが全てと言えるほど。
それが力なり、モチベーションになる。
更に今はとても良い感じなんだ。
サーフィンの調子が最高で、J-bayも良かったし、絶好調さ。

ここで育った五十嵐カノアは2015年に大原洋人が優勝した年と翌年に3位に入り、2017年には念願の初優勝を成し遂げた。

「今年は、サーフィンはたくさんできたけど、試合ができない一年だったので、試合の再開を本当に楽しみにしています。今回パイプライン・マスターズも50周年ということで、自分の背番号も50で何か繋がりがあると感じがしています。笑」

昨年の会場は2010年のブレット・シンプソン以来のローカルの優勝に熱狂に包まれ、インタビューでは「人生最高の日」と話し、いつもはクールな彼が別人のように興奮していた。

2021年のWSL:ワールドサーフリーグCT:チャンピオンシップツアーがいよいよ開幕する。世界最高峰のサーファー達がオアフ島のノースショアに集結!

ブレット・シンプソンだね。
2009年、2010年に彼が優勝したのを見て育った。
まだ自分が10歳の頃だったよ。

BBCのジェイン・ウェイクフィールド記者が、どこか不明瞭で、だがもうかるという、個人情報販売の世界を探った。

ノースショアでは主流!?となっているドローンを使用しての波チェックや映像チェックの後、ハレイワにあるWSLオフィスを訪問。日本語と英語でインタビューに答えた。

日産とルノーの元会長カルロス・ゴーン被告がBBCの独占取材に応じ、2019年末の逃亡劇について詳細を語った。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*