2021最新 五十嵐カノア インターフェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 五十嵐カノア インターフェア

7月31日よりカリフォルニア・ハンティントンビーチを会場に開催されていた世界でも最大級のサーフィン・コンテストの「2017 Vans US Open of Surfing」で五十嵐カノア選手が悲願の初優勝を果たした。
最終日はクォーターファイナルからスタート、元チャンピオンシップツアー(CT)選手で、ラウンド5では日本の大原洋人選手を破ったリカルド・クリスティ選手(NZ)を相手にヒート1に五十嵐カノア選手は登場。
ファーストウェイブで 7.67をスコアすると、ヒート中盤に5.63にバックアップスコアをメイクし、そのまま勝利。
次のラウンドへと進出。

◾️プライオリティがあるサーファーへのインターフェアレンスパドリング:2番目に良いスコアが半分になる。ライディング:2番目に良いスコアを半分にし、インターフェアレンスを犯した波は0点になる。

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

◾️プライオリティがないサーファーへの2回目のインターフェアレンスパドリング:ベストスコアが半分になり、インターフェアレンスを犯したサーファーは直ちに退出しなければならない。ライディング: ベストスコアが半分、インターフェアレンスをした波が0点になり、インターフェアレンスを犯したサーファーは直ちに退場しなければならない。

◾️プライオリティがないサーファーへのインターフェアレンスパドリング:2番目に良いスコアが半分になるライディング:2番目に良いスコアを半分にし、インターフェアレンスを犯した波は0点になる。

「THE SURF NEWS」では、国内外のサーフィン関連ニュースを発信しています。2020年東京オリンピックにおけるサーフィン関連情報や、人工サーフィン施設、業界最新動向、話題のサーフギア、コンテスト、イベント情報などを取り扱っています。「週刊サーフニュース」では、厳選ネタを週1回まとめてお届けします。

ボードライダース ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:サミー・ユー)は、クイックシルバー契約選手である19歳のプロサーファー・五十嵐カノア選手が、現地時間:2017年8月6日(日)にカリフォルニア・ ハンティントンビーチで開催された「Vans US Open of Surfing」にて見事優勝したことをご報告した。

五十嵐カノアは、今年も早くからノース入りをし、2021年シーズン開幕を前に今シーズンの抱負を語った。

ボードライディングスポーツのリーディングカンパニーのクイックシルバーは、1969 年にオーストラリアの サーファー、アラン・グリーンとジョン・ローの二人によって、パフォーマンス性とファッション性を兼ねた ボードショーツ創りからその歴史をスタートした。サーフィンに対するノウハウと哲学を基に、高品質かつ斬新 なスタイルを組み込みんだ優れたボードショーツは、瞬く間に世界中のサーファーへと広がった。1986年には、 スノーウェアマーケットにも参入。地味なデザインが多かったスノーウェアに、ネオンや、原色を使ったボード ショーツの柄を取り入れたことが業界に衝撃を与え、一躍注目を浴びる。80年代中期には、スケートチームを結 成。サーフカンパニーでは初めてスケートブランドとしての一面を持ち、ストリートウェアも展開する。そして 現在でもクイックシルバーは、世界トップクラスのサーフ、スノー、スケートのアスリートのサポートと、パ フォーマンス性とファッション性を兼ね備えた最高のウェアとギアを提供している。ボードショーツ創りから始 まったクイックシルバースピリットは色褪せることなく引き継がれ、今も尚、進化を続けている。

サーフィン競技、2024年パリ五輪でも追加種目候補入り。

2021年のWSL:ワールドサーフリーグCT:チャンピオンシップツアーがいよいよ開幕する。世界最高峰のサーファー達がオアフ島のノースショアに集結!

オリンピック出場サーファーが、普段と違うデザインのサーフボードを揃えている理由とは?

5/6(木)、オーストラリア西オーストラリア州(WA)で開催しているWSL(ワールドサーフリーグ)2021 サーフィン世界最高峰のCT(チャンピオンシップツアー)第4戦 「Boost Mobile Margaret River Pro(ブーストモバイル マーガレットリバープロ)は、大会5日目を迎え、男子ベスト16と女子ベスト8の試合が行われた。

ハンティントンで生まれ育ったカノア選手にとってホームブレイクを会場にするUS OPENは特別なコンテスト。
優勝インタビューでは「僕はここで育って、サーフィンを覚えました。僕の全てがこのハンティントンにあります。今日はこれまで の人生で最高の日となりました」と少し興奮気味にその喜びを表現。
この優勝によってQSランキングは一気に3位までジャンプアップ、この勝利はCTツアー終盤の活躍に向け弾みをつける大きな1勝となったに違いない。
本当におめでとうカノア!!!

◾️プライオリティがあるサーファーへの2回目のインターフェアレンスパドリング:ベストスコアが0点となり、プライオリティを犯したサーファーは直ちに退出しなければならない。ライディング:ベストスコアが0点、、インターフェアレンスをした波も0点となり、インターフェアレンスを犯したサーファーは直ちに退場しなければならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*