2021最新 五十嵐カノア ハーフ

2021最新 五十嵐カノア ハーフ

中盤になるとバックアップスコアとして五十嵐は6.00ptをマークし、トータル14.00ptにして大幅にリードすることに。

ヒート序盤、スコアポテンシャルに欠く波が多い中、スタートから10分弱といった所で五十嵐がハイスコアとなる見事なフローのコンボで8.00ptをマーク。

最後はプライオリティの駆け引きなどもあったものの、五十嵐のリードは変わることなくクオーターファイナル進出を決めた。

五十嵐選手も堀米選手もまだまだお若く、これからますます活躍されていくことでしょう。同じロサンゼルスで切磋琢磨し、『盟友』の二人が4年後の日本人選手としてオリンピックでも輝いてくれることを期待しています。

ちなみに五十嵐カノア選手と堀米雄斗選手のスポンサー契約数と年収はとてつもなく、二人とも本場のLA(ロサンゼルス)を拠点に置き、海外勢も多くレベルの高い人たちと練習している共通点もあります。

両親が日本人ながらカリフォルニアで育った五十嵐カノア、そして母親が日本人のハーフとしてインドネシアのバリ島で育った和井田理央。

五十嵐カノア選手は今大会から採用されたサーフィンに出場し、決勝で惜しくもI.フェイラに敗れましたが、見事銀メダル獲得しました。

五十嵐カノア選手と堀米雄斗選手は同じLA(ロサンゼルス)に住んでいます。そのため、何らかの交流があり、友達で仲良しではないかということでした。

男子のラウンド3は潮を待ってインターバルが取られた。第1ヒートでは五十嵐カノアが、インドネシアの和井田理央と対戦。日本とインドネシアのハーフである和井田とカノアは同じチームで、五輪が決まった時のインタビューで和井田は「カノア君と対戦したい」とインタビューで答えていて、それが実現した。

五十嵐カノア選手はサーフィン初代王者を目指し、堀米選手は先日スケートボード男子ストリートで一足早く初代王者に輝きました。

五十嵐カノア選手と堀米雄斗選手ですが、オリンピック開会式で写真をとり、”金メダルを一緒にとろう”と誓い合う中のようです。

東京オリンピックに出場している五十嵐カノア選手と堀米雄斗選手ですが、オリンピック開会式の時に二人で写真をとったり、とても仲良しな友達のようだと話題になっています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*