2021最新 五十嵐カノア マーガレット

2021最新 五十嵐カノア マーガレット

公式サイト「Boost Mobile Margaret River Pro presented by Corona 2021 – Women’s」

タイラーの調子が決して悪かったわけではなく、タイラーはいつも通りといった感じで手堅くミディアムスコアを2本マーク。

マーガレットリバー、西オーストラリア、オーストラリア(2021年5月10日月曜日)- 2021年ワールド・サーフ・リーグ(WSL)チャンピオンシップ・ツアー(CT)の第4戦である「ブーストモバイル・マーガレットリバー・プロ pres.by コロナ」が終了。

タティアナ・ウエストン-ウェブ(BRA)は、ファイナルで7度のWSLチャンピオンであるステファニー・ギルモア(AUS)を破り、CTイベントでキャリア2度目の優勝を果たした。マーガレットリバーのメイン・ブレイクで行われたファイナルで、25歳のウェストン・ウェブは、ギルモアの15.00に対して16.23という素晴らしい2ウェイブ・スコア(20点満点)を記録して優勝した。

マーガレットリバーでファイナル進出を果たしたジョーディ・スミス(ZAF)。準決勝では、彼のスタイルに合った波で、優勝のチャンスがあることを皆に示しした。しかし決勝では、トリードの大量得点に応えることはできなかったが、2021年のオーストラリア大会で初めて決勝の舞台に戻れたことに、スミスは興奮していた。

スウォッシュ(NIKEのロゴマーク部分)に飾られた愛らしい花々。マーガレットの花言葉は、、、「心に秘めた愛」。スニーカーをこよなく「愛」しSTuREETを求めてくださる皆様への「愛」STuREETのスニーカーへの「愛」情をぎゅっと詰め込んだ、キュンとする作品となっている。

公式サイト「Boost Mobile Margaret River Pro presented by Corona 2021」

ウェストン-ウェブは、今日の勝利により、CTシーズンの最高のスタートを切り、リーダーボードで世界第2位に躍り出た。今年から新しいフォーマットに変更となった世界タイトルは、最終戦のチャンピオン決定戦「リップカールWSLファイナルズ」で決まる。この決定戦には最終ランク5位までが出場でき、ウエストン-ウェブは今回の勝利で、2021年の世界タイトル獲得のためのトップ5に入る有利なポジションを確保した。

本日は大きな番狂わせが発生し、現CTランクトップのガブリエル・メディナと現CTランク4位の五十嵐カノアが敗退することに。

タティアナの現CTランクは3位で、すでに次なるセミファイナルで敗退しても、現CTランク2位のキャロリン・マークスを勝ることになります。

フィリーペ・トリード(ブラジル)は、ファイナル・デーにおいて、ヒートごとに勢いを増し、最高のパフォーマンスを最後まで披露した。トリードのトレードマークであるフロントサイドのパワーハックで、イベント全体で2番目に高いトータルスコアを出して優勝した。この結果により、トリードはランキングを8位から3位に上げ、今年後半に開催されるWSLリップカール・ファイナルズへの出場を目指す。

今回の記事は、マーギーズプロのイベントレポート、動画、今後の波予報といったイベント情報をお届けします。

STuREET公式オンラインストアにて受注受付中STuREET(スチュリート)は、2006年に設立された、デザイナーRita(リタ)の手掛けるカスタムブランド。日本におけるカスタムスニーカーのパイオニ…

フィリーペ・トリード(BRA)とタティアナ・ウェストン・ウェブ(BRA)が今シーズン初優勝。大会最終日は、メインブレイクで4~6フィートのスーパークリーンなコンディションとなり、2021年のCTシーズンの第4戦で2人が優勝トロフィーを手にした。

一方のタティアナは、9.23という本日のシングルハイエストスコアをマークすることで、勝利をものにしました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*